お試し無料相談

うつで夫と不仲になり、離婚話が出ている…

夫が1年前から単身赴任になり元々は仲が良かったのですが最近では顔を見れば喧嘩ばかりするようになりました。
子供が2人いて中学2年生と小学5年生。
私はパートもしていますし学校の役員もしています。
うつ病のような症状で1回病院に通ってた事があるのですがそんなふうになる私を見るのが嫌だし私のLINEが多くて嫌になる、とか、「落ち込んでしまうと寝込むから子供達がご飯を食べれているか心配で仕事にならない。俺をそんなに追い込むな」と言われました。

夫も単身赴任先で責任者になりとても大変な時期だと思います。
しかし、怒らない夫が今回は大声をだし私のダメな所を次々と言って来ました。
私は相当ダメージを受けパートにも行けなくなりついにはクビになりました。

このまま離婚した方がいいのでしょうか?
1回離婚の話が出た時は子供達2人とも夫が連れていくそうです。
私は子供達と離れるのはとても寂しいですがこんな出来ない母親と居るよりはいいと思ってしまうところもあります。

女性

2019年7月16日

42歳

女性

かとう あみカウンセラーの回答

花様、


はじめまして。
エキサイトお悩み相談室カウンセラーのかとうあみです。

この度は大切なお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました。
このご相談が、花様の新しい第一歩となりますよう、
心を込めてお答えしていきたいと思います。


現状といたしましては、
・夫が1年前から単身赴任
・もともと仲は良かったが、最近では顔を見れば喧嘩ばかり
・子供は2人(中学2年と小学5年)
・パートをしている、学校の役員もしている
・うつ病のような症状で一度病院に行ったことがある
・夫はそんな花様を見るのが嫌だ、LINEの回数も多すぎてイヤになると言う
・花様が落ち込むと寝込んでしまうため、子供たちがちゃんとご飯を食べられているか、
心配で仕事にならないと言う
・夫は「俺をそんなに追い込むな」と言う
・夫は単身赴任先で責任者になり、とても大変な時期

・今回、普段は怒らない夫が大声を出し、花様のダメなところを次々に言って来た
・相当なダメージを受け、パートにも行けなくなり、ついにクビになってしまった
・一度離婚の話が出た時は、子供たちは2人とも夫が連れていくと言っていた
・子供たちと離れるのはとても寂しいが、
こんな出来ない母親と居るよりはいいのか?と思ってしまうところもある




●キャパシティーを越えると、普通の会話が出来なくなる

花様はパートもしながら学校の役員も務め、二児の母として日々、
奮闘されてこられたのですね。

しかしながらうつ病のような症状が出て、一度は病院へ行かれたということ。
精神的なストレスなどが重なったのでしょうか。
「幸せな毎日」であっても、ストレスゼロの状況などはまずないでしょうから、
小さなことが積み重なり、今は心も体も、疲れが蓄積してしまっている状態なのかもしれません。


気分が落ち込めば寝込んでしまうことだってあります。
不安になってLINEをたくさん打ってしまうこともありますね。


でも、総合的に見て、花様は旦那様のことをとても思っているように感じます。
ご自身も不安で、どうしたらいいのか分からず、
それを何とか解消しようとして、
頼りがいのある夫につい助けを求めてしまったのではないでしょうか。


しかしながら一方で、
夫は単身赴任先で責任者となり、家庭ではないところでもまた頼りにされることとなった…
新しい環境下、大きなプレッシャーと重荷が、彼の肩にのしかかっているのかもしれません。

本当は花様の様子が心配でたまらないけれど、
心配し過ぎると仕事にならないから「見たくない」と言ってしまう。
「子供たちはちゃんとご飯を食べているのか」と、自分が見られないこともあり、心の中が不安で溢れてしまう。

お互いにがんばっている。
お互いに全然悪くない。

「それなのにどうしてこうもうまくいかないんだろう…」
「なんでそんなに冷たいことを言うの…?」
本当にそう思ってしまいますね。


人の心には「許容範囲」「受け入れられるうつわ」というものがあり、
どんな人間だって、やるべきことや苦しみが溢れてそこを通り越してしまえば、
疲れもイライラも「マックス限界」に達します。
必然的に、心には「ゆとり」や「余裕」がなくなり、
他人を気遣うこと・配慮することができなくなっていきます。
まさに車で言えば「ガソリン切れ」、携帯で言えば「充電切れ」ですね。


基本的には仲の良いおふたりが、花様のうつのような症状・
夫の単身赴任などをきっかけに、それぞれがそれぞれの環境の中で、
少しずつストレスや不安を積もらせ、
いつしかエネルギーが欠乏状態になってしまった。
結果として、相手を思いやれる「心の余裕」がなくなってしまった…
それゆえ、喧嘩やすれ違いの回数が増えてしまったのかもしれません。


燃料が空っぽなのですから、
自分のことを認めることも褒めることもできず、
悪い所だけが目につき、自身をひたすら責めてしまうんですよね。




●ルーティーンワークをこなしながら時を待つ

このような状況になった時、
冷静にご夫婦で話し合えればそれが一番ですが、
互いに疲れ切っているうえ、
相手のことを気遣う余裕がありません。

そんな時、無理やり接触を持っても、
「売り言葉」に「買い言葉」をするなど、
火に油を注ぐ様な展開になってしまうことも少なくありません。


ここは慌てず、しっかり充電したのち、
⇒自分が冷静になるまで待つ
⇒相手が冷静になるまで待つ
⇒「相手の言い分が聞ける余裕ができるまでは待つ」(時間を経過させる)


それまでは、
いつもの「ルーティーンワーク」を淡々とこなすことです。
特別なことをしなくても大丈夫!!
いつものことをいつも通りこなしていきましょう。

気持ち的にはすぐにスッキリとはいきませんが、
「生活にメリハリをつける」だけでも、
交感神経・副交感神経が自動的に切り替わり、
自律神経を正常に作動させることができます。

人間が本来持ち合わせている「忘却作用」により、
高ぶりの熱量も次第に落ちてきますので、
お互いがお互いを「認めてもいいかな」と思える程度まで、
ゆっくり、
心にゆとりを取り戻させるのです。



どちらも悪くない。
必要なのは、十分な休息と熱量を冷ますこと。
そして、心に余裕を取り返すことです。

心身が健康になってくれば、
不思議と思考回路もみるみる明るく回復していきます。
そうしたら同じ話し合いでも、
驚くほど互いが好意的に変化していくでしょう。

焦らずに少し時間を置き、
心に「空きスペース」ができるまで、
リラックスしながらいつも通り過ごしましょう。


美味しいお茶を飲んだり、
とびっきり甘いスイーツを食べてみたりしてみましょう!!

こんな小さなことでも、不思議と人の脳は、
ちゃんとリフレッシュする力を持ち合わせていますよ!



それでも苦しくなった時はいつでもご連絡ください。
花様のこれからを応援させていただきます。


本日はご相談いただき、
本当にありがとうございました。



かとうあみ

回答したカウンセラー

かとう あみ

退席中

予約可

かとう あみ

相談件数:3235件 口コミ:669

電話相談: 220円/1分

チャット相談: 209円/1分

メール相談: 3,520円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら

PAGE TOP