お試し無料相談

子供が思い通りに動かないとイライラして感情が抑えられない!

3歳と1歳の子供がいます。
3歳の娘が生まれた頃はかわいくてかわいくて。
全力で育児をしながら、早々に仕事も復帰したのですが結果体調を崩したりしてしまいました。

それでも本当に娘がかわいくてしょうがない、なんでも許せるという心情で必要に応じて叱って泣かせた時などはかわいそうで自分の胸が痛い思いでした。

それなのに成長するにつれかわいいことには変わりないのですが子供のする仕方のないこと(食べない、こぼす、言うことをきかない等)にイライラしてしまいます。まだ3歳なのでできなくて当たり前と頭でわかっているのに自分の思う通りにいかないとイライラしてしまい必要以上に叱ってしまいます。

そうすると娘も泣きすぎてどうしようもなくなってしまい「怒ることなど無意味」と言うことも頭では理解しています。
なんでも自分の思い通りにしたいという自分の性格の問題なのです。こんな性格最低だなとわかっているので自分の性格の悪さにも落ち込みます。

それなのに、悪いのは自分とわかっているのに子供が思い通りにならないとイライラして怒ってしまうのです。
娘は母乳が好きすぎて離乳食は全く食べないことが続きました。現在は食べるようにはなりましたが低身長で専門医にかかるよういわれています。

そんなこともあり、なかなか食べないことに特にイライラしてしまい酷いことを言ってしまったりしたこともあります。
仕事も自営で普段は保育園、土日はパパと過ごしておりママに甘えたくて仕方ないんだということもわかっています。
それなのに甘えてできることをやらなかったりするとイライラしてしまうのです。
甘えたいだけ甘えさせてあげられるような余裕がほしいです。

思い通りにいかないとイライラしてしまう自分をコントロールするにはどうしたら良いでしょうか?

女性

2019年6月13日

39歳

女性

かとう あみカウンセラーの回答

みー様、
はじめまして。

エキサイトお悩み相談室カウンセラーのかとうあみです。
この度は大切なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

みー様のお気持ちが少しでもラクになりますよう、
心を込めてサポートさせていただきます!!


それでは、みー様の現状を整理していきますね。

●3歳と1歳の子供がいる。
●3歳の娘は、生まれた頃はかわいくてかわいくて、全力で育児をしていた。
●早々に仕事復帰したが、結果的に体調を崩してしまった。
●それでも、娘がかわいくて、何でも許せるという心情だった。
叱って泣かせた時などは、かわいそうで、自分の胸が痛んだほどだった。

●それが成長するにつれ、かわいいことには変わりはないが、
子供がしてしまう当たり前の言動(食べない・ものをこぼす・言うことをきかない等)
にイライラするようになった。

●3歳だからできなくて当たり前と分かっているし、
「怒ることなど無意味」と頭では理解しているが、
自分の思う通りにいかないとイライラし、必要以上に叱ってしまう。
●そうすると娘も大泣きし、どうしようもなくなる。

●「何でも自分の思い通りにしたい」という性格の問題。
●こんなの最低だと分かる、自分の性格の悪さに落ち込む。
●自分で悪いと分かっているのに、子供が思い通りにならないと、イライラして怒ってしまう。

●娘は派が母乳が好きで離乳食を食べない時期もあり、低身長で専門医にかかるように言われている。
●そんなこともあり、特に食べないことに対してイライラしてしまい、
酷いことを言ってしまうこともある。

●自営なので、普段は保育園・土日はパパと過ごしており、
ママに甘えたくて仕方ないということも分かっている。
●それなのに、できることをやらずに甘えようとすると、イライラしてしまう。

●甘えたいだけ甘えさせてあげられるような余裕が欲しい。
●思い通りにいかないとイライラしてしまう自分をコントロールするには、
いったいどうしたら良いのか。



日々育児に奮闘するみー様、
娘さんへの対応について、苦しんでいるのですね。
大丈夫!!
心がラクになる方法を一緒に考えていきましょうね。


しかしながら、
みー様は本当に娘思いの優しいお母さんですね。
・怒っても無駄なことが分かるが、ついイライラして怒ってしまう。
・「娘を思い通りにしたい」という、
自分の隠れた願望にもちゃんと気付いている。

・自分の感情がコントロールできないことを深く後悔し、反省し、
もっと甘えさせてあげたいと心から願っている。
・でも、そんな余裕がない自分も分かっている。


普通のお母さんだったら、きっと怒ったら怒りっぱなし!!
自分の機嫌で八つ当たりもしちゃうし、ストレスもぶつけちゃう。
(私もそうでした…汗)

でも、
みー様は冷静にご自分を分析し、
子供のために自分が変わろうとしている。
ここに至るまでにも様々な葛藤があったことでしょう。
そんなみー様を一人の女性として、
私は心から尊敬申し上げます。



★子供は手に負えない、実力派の怪獣

子供、特に3歳くらいの子は、まさに小さなモンスターの代表。
とてもじゃないけど、親の言うことなんか聞いてくれませんね。

何度も牛乳をこぼし、床はベタベタ!!
せっかく作ったものを食べず、栄養のなさそうなものばかりを食べる!!
などなど。例を上げたらキリがありませんね。

子供を産んだ母として「思い通りにさせたい!!」と思うのは
もっともなことですが、これを実現させようとすると、
常にストレスはマックス状態となり、いつでも心が満たされない状態に
なってしまいます。


それでは、いったいどうしたらいいのか?

⇒それは、子供は自分の思い通りにはならないのだと、
キレイサッパリ、あきらめてしまうことです。
(中途半端なスタンスではなく、本気で、全身で、全力であきらめることです)


もちろん、あきらめることができないゆえ悩んでいるわけですが、
それを決意させるために、もう少し先のことまでお話します。

⇒子供は子供のうちだけでなく、青年になってからも、
大人になってからも、ずっとずっと思い通りには動いてくれません。

(重要)
つまり一生レベルで自分の思い通りにはならないのですから、
早めに「積極的あきらめの境地」に入ってしまった方が、
穏やかで平和な、感情をかき乱されることのない安定した人生が歩める
というわけです。


一見、非常に簡単な内容に思えるかもしれませんが、
この事実を知っている のと知らないのとでは(認識と実行)、
人生が180度変わって来ます。


もちろんこちらの希望やお願い・伝えたいことを伝えるのは構いませんが、
●別の人間を操ることはできないんだ
●人格のちがうものを思い通りには動かせないんだ

ということをあらかじめ心の芯に刻んでしまうと、
「積極的あきらめ成分」が体中に行き渡り、
だいぶラクに接することができるようになるでしょう。



そして、
基本的に生活は同じことが繰り返されます。
⇒ どんなに掃除をしても結局はまた汚される
⇒ どんなにたくさん作っても、また食事の用意をしなければならない
など。

つまり、
どんなにすべてを完璧にしたとしても、生活をしている限り、
作業に終わりが来ることはないのです。一瞬は完璧であっても、
「また次のトラブル発生!」など、いいことも悪いことも、
際限なく、いく度となく、繰り返されるのです。


ですから、
「完璧にしてもどうせまた少し経ったら元の木阿弥だわ」などと思い、
完璧なんて絶対に長くは続かないということを知ってしまうのも、
肩に力を入れず、リラックスして毎日を渡っていくコツです。
⇒これを機会に、そろそろ完璧主義から卒業する



★「Should思考」から「Wish思考」へ

もちろん先ほども書いたように、願いや希望を伝えるのを一切やめなさい、
あきらめなさい、ということではありません。(時に厳しい躾も必要ですね)
子供に期待をしたって無駄だということでもありません。

愛する我が子ゆえ、
希望を持って、親は正しい方向へと導いてあげたいものですよね。

ただその際、
「Should思考」(物事は絶対にこうあるべきだ!という考え)から
「Wish思考」(こうあって欲しいという願い)に心を切り替えて、
接するよう心掛けるといいですね。

そうすれば、
肩に力が入った毎日から解放され、
子供に対しての愛情もよみがえる…

不思議なもので、力を抜いた方が、
物事は穏やかに、スムーズに進んでいくことの方が断然多いのです。


押し付けることのない、ナチュラルで自然なママの願い、
子供はちゃんと見ています。
きっとお互い、いい方向に向かっていけるはず!!


最後に一つ、
みー様は愛情深い、すばらしいお母さんです!





それでも子育ては大変!!
苦しくなった時はいつでもお気軽にご連絡くださいね。

みー様のこれからを、
心の底から応援しております。


本日はご相談いただき、
本当にありがとうございました。


かとうあみ

回答したカウンセラー

かとう あみ

退席中

予約可

かとう あみ

相談件数:3250件 口コミ:674

電話相談: 220円/1分

チャット相談: 209円/1分

メール相談: 3,520円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら