お試し無料相談
  • ラブレターの返事ができなかった彼女に謝りたい!

    私は現在25歳ですが、今から約13年前の中学生の時にラブレターを頂いた女性がいます。しかし、その時は若さ故、動揺してしまい、返事をすることなく、結果的に無視してしまう結果となりました。

    中学を卒業して以来、その方と話す事はありませんでしたが、その時の後悔と申し訳ない気持ちはずっと持っていました。昨年友達の結婚式で偶然その女性と会い、軽く会話をし、より一層ちゃんと謝りたいと思うようになりました。

    もし出来るようであればその女性に直接会って謝りたいと思っていますが、今更謝っても逆に迷惑かなとも思います。連絡先は昔交換したことがあるので連絡をとろうと思えばとれるはずですが、行動に移せずに年月が経ってしましました。私はどうすべきかご回答願えますか。宜しくお願いします。

    男性
    25歳
    2019年2月13日
  • かとう あみカウンセラーの回答

    DD様、
    本日はご相談いただき、ありがとうございました。
    エキサイトお悩み相談室カウンセラーのかとうあみです。

    この度は大切なお話を聞かせていただき、ありがとうございます。
    DD様のお悩みが少しでも解決へ向かいますよう、お力添えをさせていただきますね。



    それでは、現状をまとめてみましょう。
    ●DD様は、現在25歳。
    ●今から約13年前、中学の時にある女性からラブレターをもらった。
    しかし、若さゆえ動揺してしまい、返事ができなかった。
    (結果的に無視をしてしまう形になった。)

    ●中学を卒業後、その女性と話すことはなかったが、後悔と申し訳ない気持ちを
    ずっと持ち続けていた。
    ●昨年友達の結婚式で偶然その女性と会い、軽く会話を交わし、
    より一層きちんと謝りたいと思うようになった。

    ●出来るならその女性に直接会って謝りたいと思っている。
    ●でも、今更謝っても逆に迷惑かな?とも思ってしまう。
    ●連絡先は以前交換したことがあるので、連絡を取ることはできる。
    ●しかし、行動に移せず年月だけが経ってしまった。
    ●自分はどうすべきなのか。



    切ない中学生の時の思い出。
    ずっと忘れられず、胸の中に残っているのですね。
    少しずつ心の紐を解いて、答えを見付けていきましょう。




    ★自分への問いかけ「本当はどんな返事がしたかった?」

    このメールから、DD様が彼女に謝りたいという気持ちは十分伝わって来ますが、
    下記の2つの点には触れられていないようです。

    ●当時、本当はどう対応したかったのか?
    ●彼女のことを好きだという気持ちがあったのか?(今はどうか?)


    当時は若さゆえ動揺し、返事ができなかったとありますが、
    もしも素直に自分を表現することができたら、どんな行動を取ったのでしょうか。


    「自分も気になっている」あるいは「自分も好きです」、
    そのような内容のお返事を書いたでしょうか。

    それとも「残念ながら好きという対象ではない」、
    もしくは「好きも嫌いも分からない」「そこまで親しくないので何とも言えない」
    といった内容の返答をしたでしょうか。




    ★話に「良いオチ」があれば、彼女は笑って聞ける!!

    もしもDD様が当時彼女のことを好きで、本当は「僕も好きです」と伝えたかった
    のだとしたら、今の彼女にそのことを打ち明けたら、きっとほっこりできる
    ステキなエピソードとして嬉しく受け取ってもらえるでしょう。

    若さゆえ返事ができなかった ⇒ 無視する形になってしまった ⇒ 長い間、
    本当に後悔していたんだ〜 ⇒ ごめんね ⇒ 本当はあの時「僕も好きです」
    って返事を書きたかったのに、書けなかったんだ…!!


    彼女の方も、せっかく書いたラブレターにお返事がもらえなかったことは、
    今でも覚えているかもしれませんね。でも、その話にはオチがあり、何年も後になって
    彼から「本当はあの時好きだったんだ!!」と打ち明けられた…


    ドラマのようにピュアで初々しい、切ない恋のワンシーンですよね。
    これなら、彼女も真実を教えてもらう甲斐があるというものです。

    彼女としては「勇気を持って自分からお手紙を渡した」わけですから、
    DD様も彼女を思っていたということが分かれば、「なんだ、片思いじゃなかったんだ!」
    と、ホッと一息つけるというところかもしれません。




    ★相手に無感情:形式的なお詫びならやめておく

    ただ、彼女に対して愛情的な感情はなく、ただただ「無視してしまったこと」を
    お詫びしたいだけであれば、あえてその話には触れない方がいいかもしれません。

    彼女には「自分から手紙を渡した」「お返事はなかった」という記憶だけが残って
    います。これまでDD様の気持ちを知る機会は一度もなかったわけですから、
    だいぶ昔のこととは言え、まだ若いので、気恥ずかしさも残っているかもしれません。


    DD様のお気遣いとは言え、彼女に対して特別な感情を持っていたのでなければ、
    改まった形式的なお詫びは、やめておいた方が良さそうです。
    ⇒「自分が謝ってスッキリしたい」という気持ちが先行しないようにする。

    彼女も突然謝られても、話にオチがあるわけでもないため、その後どう反応していいか
    分からなくなってしまう可能性もあります。

    (●どうしても謝りたい!!という場合は、重々しくならないように、
    話の中でサラッと話す程度に留めておきましょう。)



    ★これからの彼女との付き合い

    再会後の彼女に関心があり、アタックしてみたい!!という気持ちがあるのであれば、
    このエピソードは距離を 縮めるのには大変有効です。
    (メールには、DD様の彼女に対する恋愛感情については触れられていないため、
    今回はここまでとさせていただきますね。)





    いかがでしたか。

    メールの内容からだけになりますので、すべてにお答えすることはできませんが、
    少しでも参考になれば幸いです。

    DD様の今後を心から応援しております。
    それでも苦しくなった時は、いつでもお電話ください。


    本日はご相談いただき、ありがとうございました。
    かとうあみ

回答したカウンセラー

  • かとう あみ

    詳しくはこちら

  • 心に寄り添う、あったかいカウンセリング!恋愛、性、不倫、離婚、結婚、夫婦、セックスレス、ママ友、人間関係、心身症、パニックなど。

    相談件数
    2147件
    価格

    200円/1分

    190円/1分

    2,800円/1通

    その他
    【性別】女性   【血液型】A型  

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

登録して悩みを相談する

お問い合わせはこちら

PAGE TOP