お試し無料相談

半年ほど前に性的被害を受け、心身ともに辛い日々を送っている

半年ほど前に性的被害を 受けてから、普段通りの生活ができなくなりました。最近は男の人に話しかけられただけで全身に蕁麻疹がでたり、電車に乗っただけで過換気気味になったりしてしまうことが多くなりました、
最近では仕事でミスが増えてきてこれがインシデントにつながったらとヒヤヒヤしながら働いています。仕事ができなくなってしまう自分に苛立ち、どうすればいいかわからず、上司へ助けを求めましたが、そんなの気持ちの持ちよう。どうにでもなる。と言われ、余計にどうすればいいかわからなくなりました。
確かに、そんなの気の持ちようです。
それは、わかっているんです。
でも、どうしても記憶から消すことができず、とても苦しいです。
どうしたら、いつも通りの生活、仕事ができるようになるのでしょうか。

女性

2018年4月10日

24歳

女性

中澤 壱成カウンセラーの回答

みちえさま
カウンセラーの中澤壱成です。
メールを拝見し、少しでも回復への道筋になればと思い、メールさせていただきます。
半年ほど前に性的被害を受けたとのこと。大変に辛い経験をされましたね。
お辛い毎日を送られている様子がメールの言葉から伝わってきます。
他人から望んでもいないことを強要されることほど、嫌なことはありません。
性的被害となれば心身とも悲痛な体験をしたわけですから、容易にそのことを体も、心も忘れることはできません。それは、今後、このような同じ苦痛を味わいたくないとする防衛本能です。その防衛本能が、忘れないようにとあなたを守ってくれていることでもあるのです。
ただ、辛い体験をするとその防衛本能が強く働き過ぎで、その体験に関連するもの全てに対し、抵抗感や恐怖感を持ってしまう「とらわれ」の感情が強くなります。
みちえさんは今、そんな状況に居られるようですね。
忘れようとすると、かえって、過去の体験の嫌なイメージが増幅されてみちえさんを攻めてしまいます。
過去のことは(変えられない)過去のことと受け止めて、今生きているみちえさんの生活環境(仕事、周囲の人、プライベートな時間など)と切り離して考えることができような治療が必要です。
そのために、専門の医療に一度ご相談されることをお勧めします。
治療内容として、「認知行動療法」か「森田療法」を得意とするクリニック(診断とカウンセリング)が良いと思います。
クリニックや病院は敷居が高く抵抗感が強いようでしたら、ここでの電話カウンセリングでのご利用もあるかと思います。
一日でも早く、みちえさんがお元気に過ごせることを祈っています。

回答したカウンセラー

中澤 壱成

退席中

中澤 壱成

相談件数:156件 口コミ:13

電話相談: 170円/1分

チャット相談:

メール相談: 3,000円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

似ている相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP