お試し無料相談

好きな気持ちを諦めて、ただの友達として会えるようになりたい

彼女と別れて1ヶ月が経ちました。
理由として、他に好きな人ができたとのことでした。
自分の中で気持ちの整理をして受け入れた上で、友達としてまた会いたいなと思って先日二人でごはんを食べに行きました。彼女と別れてから連絡を取っていなかったのでお互い近況の報告をし合ったところ、どうやらその好きな人とは順調のようです。それを聞いて安心して「頑張れよ」って伝えました。
しかし、家に帰って翌朝目が覚めると昨日のことを思い出して、彼女が他の男と付き合う事実が受け入れられなくなって気分が悪くなりました。他の男に抱かれることを想像すると吐きそうです。
別れた彼女と今のところよりを戻したいとは考えていないのですが、このうような感情をいだくのはまだ彼女ことが好きだということでしょうか?
そうならば好きな気持ちを諦めて、ただの友達として会えるようになりたいです。

男性

2019年4月1日

23歳

男性

中澤 壱成カウンセラーの回答

はじめまして、カウンセラーの中澤壱成と申します。

ともさんのご相談メールを拝読いたしました。ともさんの今のお悩みのお気持ちが良く伝わってきました。そして、ともさんの本音と、彼女のためを思う優しさゆえの自己抑制感情とで揺れるお辛い気持ちがメールの文字によく表れています。

返信が今になって申し訳ありませんが、少しでも、ともさんのお気持ちが前向きになればと以下にご提案申し上げます。

ともさんが彼女と別れて1ヵ月ほど経った今のお気持ちが素直に表現されていますね。また、この1ヵ月の間にもいろいろとお気持ちの変化があったのではないでしょうか。
彼女が恋人として大切な人であったのであれば、毎日の生活の中で、頭を離れることもなかったと思います。それは自然なことです。

ここで、恋愛についてカウンセラーなりに整理してみたいと思います。
1. 恋愛は二人の感情(本音)の交流から相手を特別な存在として意識する関係と云えます。
2. お互い、異なった個性をもち、異なった人生を歩んできたことから。異なった価値観を持っています。即ち、相手を自分の価値観ですべて支配することは残念ながらできないのです。
3. 恋愛の行方は、お互いにそれぞれ、半分半分の決定権があり、相手の決定権(本音)は結局のところ相手が決めることと受け入れる必要があります。
4. 恋愛は誰のため?そうご自分が幸せな人生を送るためです。ですから、ご自分の為に精一杯、相手に対し、その気持ちを隠さず、伝えることが大切です。
5. 本音を伝えることで、相手も本音の気持ちを返してくれるでしょう。
6. そして、お互いの本音がお互いに好意を感じたならば、相手を信用し、信頼し、愛情が育まれます。
7. もし、結果として、相手の心が(本音)がそれを受け入れない(時があった)としたら、それは、相手の権利として受け止めざるを得ないことでもあります。
8. 恋愛で大切なこと。それは、相手の立場・環境に意識を向け過ぎて、ご自分の本音を抑圧し、本音を伝えることを自ら諦めてしまうと、いつまでも不安定な気持ちを引きずってしまいます。悔いのないように、恋愛感情はIメッセージで伝えましょう。
9. *Iメッセージとは{私}で始まる話し方で、自分の気持ちのみを伝え、その場では相手に応答を要求しない話し方です。

ともさんのメールにある「安心して「頑張れよ」って伝えました」は本音ではないように感じました。
「受け入れられなくなって気分が悪くなりました」はともさんの本音のように感じます。
「今のところよりを戻したいとは考えていない」と書かれた気持ちは、どうでしょうか?ともさんの本音ですか?彼女の今を受け入れてあげようとするともさんのやさしさですか?
そして「好きな気持ちを諦めて、ただの友達として会えるようになりたい」はいかがですか?
この言葉が今のともさんの本音ではないとしたら、もう一度、本音で彼女にあなたの真心を話してあげてください。

その上で彼女の本音を伺い、お二人のこれまでの恋愛関係の行方を話し合ってみてください。

ご自分の気持ち(本音)は隠さず、丁寧に伝えておくことは大切です。
その上でなら、相手のためを思い、提案(たとえば友人として)するのも一つの結論かもしれません。

恋愛感情がある場合は、その相手を特別な存在として感じ、他の異性とは別次元の視点で見ています。そして、独占したい、支配したい、所有したいなどの感情が伴います。
自分の今の生活のある部分ともなります。心からも24時間離れることはありません。

友人感情であれば、自分の生活の中で、関わりがあったほうが良いと感じるときに部分的に関わるだけの限られた時間の共有者です。

恋愛相手を友人として受け入れるには、かなりの時間とその間の本音の変化にゆだねる事が必要になります。その時は、焦らず、積極的に(仕事や趣味や運動など)他に意識を向けて、過去と違う、新しい生活リズムを築かれると良いでしょう。

ともさんが早く、健やかな毎日を過ごすことができるよう願っています。

以上

回答したカウンセラー

中澤 壱成

退席中

中澤 壱成

相談件数:158件 口コミ:14

電話相談: 187円/1分

チャット相談:

メール相談: 3,300円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら