お試し無料相談

結婚したいが出会いがない!

相談したいのは、現在離婚して独身ですが、もう一度結婚したいと思ってます。
なかなか出会いもなく、婚活パーティーなどお見合い登録などは気が引けてやってません。ただただ悶々と過ごしてます。
お相手に対しても妥協したくないのでこのまま1人なのかと思って心配や不安があります。

何かいいアドバイス有ればと思ってます。よろしくお願いします。

男性

2020年4月30日

51歳

男性

舘 智彦カウンセラーの回答

joyさま、はじめまして。
男女関係の相談を専門としている舘(たち)と申します。
私が回答させていただきます。
よろしくお願いいたします。

結婚したいのに出会いがない…まずは出会いを作ること、当たり前ですがこれが一番です。
joyさまはすでに、今のままの生活では理想の結婚相手に巡り会えないことに気づかれていますよね。
もし、ゆっくりと時間をかけられるのでしたら、新しい趣味をはじめてみるとか、ボランティアに参加するなど、新しいネットワークを広げていくのも良いと思います。
何もしなければ、現状は何も変わりません。

すぐにできる方法としては、周りの人に結婚したいということを公言する方法です。
親族でも、友人知人、職場の人でもいいですから、話しやすい人から言ってみてください。
周りの人たちはjoyさまのことを「もう二度と結婚はする気がないのだと思っていた」かもしれませんし、「すでに彼女がいると思っていた」かもしれません。
結婚したいことを周囲に公言することにより、紹介やお見合い、飲み会のお誘いがやってくる可能性が出てきます。

それでも駄目なら、気が引けても婚活サービスを利用するのが手っ取り早い方法です。
婚活には、いろいろな方法があります。
婚活パーティーや結婚相談所だけが婚活ではありません。
出会いの方法は増え、そして出会い自体は簡単になりました。
しかし、出会いが増えた分、結婚に結びつく出会いが減っているように思えます。
どれだけ出会いがあっても、結婚したい人と出会わなくては意味がないので注意が必要です。

そして、お相手に対して妥協したくないのは当然です。
結婚はゴールではなく、結婚生活のスタートなのですから。
お相手は誰でも良いわけではないのは当たり前のことです。

私は婚活において「妥協」必要ないですが、「妥当」は必要だと考えます。
婚活は、「条件に合う人を探す」のではなく、「自分に合う人を探す」ことです。
そしてここが大事ですが、「選ぶ」だけでなく、「選ばれる」ことも必要になってきます。
そのためには、

1.婚活市場でのご自身の価値
2.お相手に望む条件
3.ご自身に合った婚活方法

これらを知らないことには、下手な鉄砲を数打っても当たりません。

ではどうすれば良いか、簡単な方法をお教えします。
「PDCA」という言葉を聞いたことがありますか?
「PDCAをしっかり回して…」会議などでよく使う言葉です。
「PDCA」とは、「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」の4つの英単語の頭文字で、「PDCAサイクル」とも呼ばれます。
P→D→C→A→P→D→C→A→P…といった具合に、4つの段階を循環的に繰り返し行うことで、改善・効率化することができる方法と言われています。

この「PDCA」は、婚活でも使えるのです。
まずは、どの辺りをターゲットにして婚活していくか「Plan=計画」を立てる。
そして、「Do=実行」してみる。
実行したら「Check=評価」してみる。
それを踏まえてさらに「Action=改善」していく。
例えば3ヶ月とか期間を決めて、婚活の「PDCA」を回していくことが、婚活疲れを起こさずに、最短で結婚できる方法です。

今できることを、後悔のないようにやってみましょう。
joyさまに、良いご縁がありますよう応援しています!

回答したカウンセラー

舘 智彦

退席中

予約可

舘 智彦

相談件数:2880件 口コミ:622

電話相談: 220円/1分

チャット相談: 209円/1分

メール相談: 6,600円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP