お試し無料相談

貯金しようと思える心を持つには、どうしたら良いですか?

貯金が出来ません。

今年26歳になりますが、貯金が全くできません。

口座に入っている分だけ洋服、ネイル、外食、レジャー等目先のものに使ってしまいます。借金はありませんが、使えるだけカードも使ってしまいます。
また、お酒をのんだ翌日は大抵記憶がないのですが確実に財布がすっからかんになってしまっています
(同席の友人いわく、気が大きくなりいつも多めにお金を出しているらしいです)。

財形貯蓄のような少額で定期的な貯金や、節約等で貯金をしようと試みることもありますが、毎日がひどくつまらなく感じて落ち込んだ日々になってしまいます。

留学・海外旅行・ブランド品バッグなど目標を作れば貯金出来るかなと試しても、意志は長く続きませんし、
結婚・不動産・子供・老後など、そういったもののための貯金など出来る気がしません。彼氏もいませんし…。

同世代の人はなんだかんだで貯金をしている人が多く焦っています。

貯金しようと思える心を持つにはどうしたらいいのでしょうか。

女性

2016年7月27日

25歳

女性

麻生 若那カウンセラーの回答

初めまして、麻生若那です。

ヤマグチ様のお悩みは、「貯金ができないこと。」ですね。
けれど、文章を拝見すると、「できない。」のではないように思われます。
と言うのは、色々試してはいるけれど、最終的に、その行動がストレスになり、
「お金を使う選択」をしているように思われるからです。
そこには、脳の興奮が密接に関連しているように思われます。

貯蓄に挑戦しても、途中で止めてしまうのは、
使えるお金があるのに、貯蓄の為に使えない。というストレスが発生し、
貯蓄を止めて、お金を使うことで解放感や達成感を脳が求めている。と考えられます。

そういった「脳の興奮」が自動スイッチとなっている為、
無意識に興奮(お金を使う)を選択し、満足感を味わうという流れが出来ているのでしょう。
故に、脳が「貯金をしない。」選択をしていると思われます。
「貯金ができない。」のは、結果であって、
その元を紐解くと、脳が「貯金をせずに、使う興奮を求めている。」為、
それが制御できず、使い切ってしまう。という構図ができていると言えます。

この流れを変えるには、自分1人の力では、中々制御できません。
信頼できる方に協力を依頼するか、行動療法等で貯蓄による満足を得る流れを作る必要があります。

行動療法の一つの例をご紹介します。
まず、給与の中から使える金額を決めます。
その金額を次の給与までの均等日割りにし、1日ずつ使います。
(週の初めに、7日分をまとめて持つのも良いでしょう。)
それを3か月続けて、貯蓄できたお金を定期預金にします。
そして、12ヶ月経過後に貯蓄結果を見て、達成感を味わえるようにします。
この間、信頼できる人に一緒にお金の管理をしてもらうか、もしくは、自分で管理しつつ、カウンセラーに報告するなどの方法を用いて、自分だけで管理しないようにしましょう。
また、達成感を味わう為にも第三者が必要です。
人は、自身の行動を誰かに褒めてもらうことで自尊心や自己肯定感が高まります。
それが、達成感と繋がり、脳にとって新しい『快感』の回路が作られます。

貯蓄できないのは、貴方が怠惰だからでも、ルーズな性格だからではありません。
脳にお金を使う興奮が定着し、求め続けている為です。
それは、日々の行動を矯正することで脳のスイッチが切り替わり、貴方が希望する「貯蓄できる自分」に変化できます。
ただ、スイッチの切換えには、努力と忍耐と継続が必要になります。
けれど、「貯蓄できる自分」になれた暁には、お金を使う興奮より、変化できた自分に大きな喜びを感じることでしょう。

回答したカウンセラー

麻生 若那

退席中

予約可

麻生 若那

相談件数:395件 口コミ:36

電話相談: 220円/1分

チャット相談: 209円/1分

メール相談:

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

似ている相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP