お試し無料相談

気づいたら過去のことを考えてしまう事を治したい。

気づいたら過去のことを考えてしまう事を治したいです。

結婚の話までいった彼と別れる(距離を置く)ことにしました。そうなったのは、宗教の不一致で話がまとまらなかったためです。また、宗教のことを考えすぎて、彼のことが生理的に受けつけなくなってしまい辛かったからです。(好きな想いはあるが、キスやそれ以上のことが生理的に無理になった)

現在、頭では次に進もうと思っています。しかし、考えたくないのに気づいたら彼のこと(付き合っていた時のこと)を考えてしまっていて、苦しいです。結婚したかったという強い気持ちもあります。また、ほんの少し、寄りをもどして仲良く過ごせることを期待しているのかも知れません。
心のどこかでは、期待しても仕方ないとわかっています。彼に対して、好きだった気持ちとともに嫌な想い(宗教で揉めたこと)があり、もう忘れたいです。

前を向いて生きたいのに、このように過去にとらわれており、改善したいです。
どうしたら良いでしょうか。よろしくお願いいたします。

女性

2016年10月31日

26歳

女性

麻生 若那カウンセラーの回答

初めまして、精神保健福祉士の麻生若那です。

気持ちでは、好きなのに、別れを決断したことは、本当にお辛かったことでしょう。
過去の事を忘れたいと思っても、思い出や過去の感情は、自然に湧いてきます。
それらは、止めることができません。

宗教の不一致で揉めた苦い経験を思い出すのは、辛いと思いますが、
それは、貴女にとって、貴重な人生の一部です。
忘れようとするのではなく、何の為(誰の為)に、その選択をしたのか?
そして、その選択を如何に未来に活かすのか?
彼の何が嫌で、何が好きで、何が居心地良かったのか?
彼の何処がどうだったら、結婚に踏み切れたのか?
一つ、一つ、丁寧に思い出し、次の出会いの男性選びに活用しましょう。
そうやって、御自身の幸せの為に、過去の経験を活かせる人になって下さい。

前向きになるということは、過去を思い出さないことではなく、
過去に翻弄されないことでもなく、忘れる事でもありません。
何度も何度も過去に引き戻されては、悩み、苦しみ、
過去の経験から、自分自身を知り、自分を学び、経験を未来に活かす。
これが前向き生きることです。

今、貴女が苦しんでいることは、非常に大切な経験です。
『過去に囚われている。』という捉え方を
『過去を思い出して経験から学ぶ。』という視点に転換しましょう。
貴女の経験を如何に捉え、今という時間を如何に過ごすかが、
貴女の未来の幸せを決定します。

「今は、別れたばかりで、そんな転換できない。」と思うかもしれません。
けれど、御自身の苦しい経験が貴女の未来の幸せの糧になるのです。
幸せの糧にするか否かは、貴女次第です。
いつか、『あの経験があったから、今の私がある。』と、
苦しんだ経験を誇れる日がくることでしょう。
過去から多くを学び、御自身の幸せを築ける人になって下さいね。

回答したカウンセラー

麻生 若那

退席中

予約可

麻生 若那

相談件数:396件 口コミ:36

電話相談: 220円/1分

チャット相談: 209円/1分

メール相談:

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP