お試し無料相談

W不倫、執着、依存に苦しんで

執着、依存に苦しんでます。
W不倫ですが、彼は以前から
不倫も二人以上が楽しいと言う人で、
最近はまた新しい彼女ができたらしく
私と会ってくれないようになりました。
頭ではW不倫で、私は家庭が大事と
思ってるのですが、彼に必要と
されなくなった、他の女に気持ちが行ってると思うと、毎日彼のことが頭からはなれず、何をしても楽しくなく、
動悸や吐き気もしてきます。
やめたいと思うのに
やめた後、もっと辛くなって
自分がこわれるのではないかと
不安で離れる決意ができません。

女性

2018年10月18日

42歳

女性

星 倫太郎カウンセラーの回答

fu-sanさん、はじめまして、メール相談ありがとうございます。
fu-sanさんは、不倫相手の彼との関係で家庭が大事と思いつつも彼が他の女性にも気持ちがいっていると思うと動悸や吐き気もするほど、大変しんどく苦しい思いをされてあられるんですね
とてもお辛い心中お察しします。
世間では不倫はいけないこととされていますが、彼とのお二人の中では素敵な恋愛物語を最初はされてあったのではないでしょうか。
だからこそ、他の女性の存在が現れ 今、失恋うつみたいな喪失感を先に想起してしまうことで
身体までも動悸がおきたり吐き気などの辛く悲しく感じられてあるものと思われれます。

さて、いただきましたメールから
①fu-sanさんの身体におきている状態、
②不倫のことを私の立場で説明しますと

人間には、感情を司る右脳と行動を司る左脳があります。
嬉しいという感情を右脳がうけますと、その信号を左脳におくり、左脳は笑ったり、喜びの行動、発言をおこします
逆に悲しい情報をキャッチすると、左脳は泣いたり、悲しんだりする行動、発言を指示します。
さらに、ネガティブな行動、発言や今回のような体験がありますと、それをまた右脳が緊張状態で傷つき、左脳への信号が弱くなり負のスパイラルになることを「脳の自動思考」とも言います。

そして、その信号が送りにくい、行動、発言がネガティブになるなどのストレス状態が強い今の動悸や吐き気が続きますと体がフリーズして「鬱」などと診断されたりしますので注意が必要です
では、その脳の緊張状態をふわふわした丸いゴムマリでイメージ化していただきたいのですが、普通は多少のストレスでへこんでも元に戻します。
しかしながら、fu-sanさんのようにストレスが続きすぎると、ゴムマリはへこんだまま元にもどしにくくなります。
これが今の辛い状態となります。楽しくて丸いときはいろんな方向がみえたのに 
今回のような強い衝撃でへこんでしまうと、そこばかりが気になり、全体がみえなくなる状態がおきているのです。
さらに、ヘコミがでると、ボウルの内部にあたるその影響を受けるのが人間の生理的欲求である、
「睡眠、食欲、愛情」がずれがちになります。
そのへこみを埋められないと、いけないとわかっていても身体が報酬を求めるのが不倫、アルコール、薬物などの依存になってしまうのです。
ご主人との夫婦関係でのストレスの谷間でへこんだときに今の不倫へと最初は走られたのではないでしょうか
また、ゴムマリの外側では五感に影響がでて、今の身体的な不調もでがちになります。

そこで、まずは、内部的には、「睡眠、食欲、愛情」を整えることも必要ですし、五感からヘコミを緩めて、丸く戻すことも意識的にすすめることが必要です。
fu-sanさんの今の状態では、自律神経がへとへとになりますので、交感神経が通常の人よりも過敏になります。
神経が休む暇がないほど、へこんだ部分から生じる、他の女性の存在がさらにストレスとして気になるために、負のスパイラルになり
悪循環になるのです。
当然、イライラや不安が重なり、最初は自分自身をせめ攻撃的になるのですがひどくなると、他人の言葉や言動にも敏感になり、他人への攻撃に走ることにもなります。
他の女性の存在が、かなりストレスフルだと思われます

今の状況を改善するには、交感神経を休める「副交感神経」を優位にする意識的な行動が今後の行動判断を助ける一番のお手当になります。
今のライフスタイルをどこかで修正されないと危険なストレスフルになりますのでご注意ください。
ご自身の性格を変えるのではありません

感じやすい、緊張しやすいを緩める感覚です
彼は許せない、彼よりも他の女性が強く絶対許せない。
だからこそ
自分を緩める=自分への許し=ゆるみでもあります
人間、お金や地位があっても、「睡眠、食欲、愛情」がなければ不安とされています。
根本からご自身の未来と向き合ってみませんか

・・・・・・・・・・・・・・・
②次に、不倫、恋愛の面からの心の整理をしていただきたいことがあります。
私のところにも不倫の相談も多く、お互いに不倫に別れを告げたけどとお互いがその後苦しんで別々に相談にこられることもあります。
一度別れて、精神状態もかなり辛かった女性もカウンセリングで整理しながら、彼と一緒になれなくても会いたい、会う時間だけをほしいとの相談では
「不倫の時間だけを大切にする」ことを理解してもらい彼との再会、これまでと違った不倫の関係を続けているかたもおられます。
※彼から見捨てられるよりも、彼との「 不倫の時間だけを大切にする」ことがベストではないのですが
fu-sanさんには私は精神的にはある意味大切なベターだと考えます。

不倫時間以外がお互いにどんなことも自由と受け入れることです。もし不倫を続けるにはここがポイントになります。
不倫関係を切ってずっと苦しんでいた女性にカウンセリングに来られたときに
このことを理解していただき、そのうえで彼と不倫の復縁をはたしたとき、これまでに体験したことがないセックスができ、人生のとらえかたも楽になられたと
彼との向き合い方も変わりましたと今ではあのときの苦しみがうそのようですと言われています。
一般的にはこんなアドバイスはあり得ませんしほとんどが否定されることが多いかと思います。

さて、不倫の深刻なダメージとは…
不倫してしまったら、どんなに彼との関係が楽しくても、不安にとらわれることも多かったのではないでしょうか。
不倫中の恋愛が不安なら、”今後訪れるかもしれない可能性・リスク”について、今こそ認識しておくことも大事です。
いまの状態に区切りをつけたいのなら、考えるべきことがらをまとめました。
忘れてならないのは、女性の不倫でもおきる恋愛感情に比べて男性はとても保守的、失礼ながらうそつきであるということです。
fu-sanさんも他の女性も好きということを言うはずです。
男性の深層心理にはほとんどが家庭を壊さずセックスしたいです。

恋愛感情も確かにあり 苦しむ男性もおられますが どっちが好きなのかと責めたりすると最後はほとんど逃げ出すのが男性です。
「不倫をしていたことなんてバレなかった」と思うかもしれません。

1. 多くの女性の不倫は割り切れなくなり、ズルズル続けてしまう
不倫など、未来のない不毛な恋愛をする女性は多く、
そのほとんどが、最初は楽しいと思っているでしょう。
しかしそれはやがて、「(不倫をしても)楽しくないのに、やめられない」という今の依存症のような状態になるのです。

最初は1,2回だけと割り切った恋愛に近い関係と思っていても、割り切れなくなるのが不倫です。
不倫はギャンブルのようなもの。
ギャンブルは時間とお金を費やせば費やすほど、
元を取り返すまで辞められなくなってしまいます。
不倫も、彼と過ごす時間と労力を費やせば費やすほど、彼が離婚して自分の物にするまでという執着となり辞められなくなってしまいます。
さらに他の女性が入り込んだからこそ執着もひどくなります

2.パートナーシップが築きにくくなる
不倫は、男性にとって最高の疑似恋愛です。
不倫をしている間、罪悪感や後ろめたさから男性はあなたにとても優しく接します。でも、それは本当の彼ではありません。
不倫男性特有のスマートな優しさと包容力に慣れてしまうと、他の男性との恋愛では物足りなくなったり、面倒くさくなってしまいます。
男性は浮気するものという定説みたいなものがありますがするのは男女とも同じです。
※ ただ、今の彼のように男性の4割は遺伝的な浮気が止められない依存性があり複数の女性と同時期に不倫したり、入れ替えたりします。
女性は私だけを愛してくれると思いが強くなり奥さんより自分が幸せにできると思いになり不倫でのトラブルもそこに発生します

3. 少しずつ始まりハマり抜け出せなくなる

最初から不倫などの、不毛な恋愛をしようとしてする
女性は少ないのです。
しかし、それは少しずつ始まり、ある時から止まらなくなります。
例えば、最初、fu-sanさんは不倫をいけない行為と認識し、今の彼からのアプローチを無視し続けたのではないでしょうか。

でも、彼の根気強いアプローチに、徐々に心が動き始め、彼にハマっていきます。
あるいは、なんとなくトキメキが欲しくて、そばにいる既婚の男性に優しくしてみる。すると、その既婚男性もその優しさに応えてくれるパターンが不倫の始まりでもあります。

4. 不倫のネガティブな面やリスクを知り、覚悟を決める
不倫のような恋愛は、楽しい期間は短く、あとは依存心、猜疑心、嫉妬、罪悪感ばかりが募るのです。
不倫はほとんどの場合未来はありません。
誰にも応援されず孤独です。不安と不満を抱え続けることになります。
また、不倫の恋愛におけるリスクも考えてください。その恋愛が相手の奥さんにバレたらどうなりますか?
多額の慰謝料を求められたり、職場やfu-sanさんの家族への嫌がらせもありえます
相互にばれるとなると金銭面だけでなく全てを失うなど最悪のシナリオにもなるのです
女性は自分の家庭の領域に入る女性をとことん排除します
ご主人とうまくいってなくても不倫相手を攻撃します
この心理が他の女性を排除したいにも強くでてしまうのです
不倫や不毛な恋愛をしないためには いつまでなどの具体的な目標を決めることが重要です。
目標が明確になると、覚悟も決まるので、
迷いが減り、余計な事を考えなくなります。
不倫問題を小説にする林真理子さんも「彼と奥さんを別れさせて幸せになるにはどうしたらいいですか」の不倫相談には、「幸せになった不倫は
聞いたこともない、カップルになっても同郷だとどこかねたみや軽蔑感から周囲が認めないために
二人とも職場や社会で孤立化してしまう」と言われます。


5. 不倫・恋愛相手に過剰な期待をしない
恋愛への過剰な期待は、そうでなかった時、失望や不満をもたらします。
その逃げ道として、不倫や浮気、不毛な恋愛に走るという事はよくあります。
fu-sanさんが期待する幸せを与えてくれる人は誰もいません。
どんな恋愛でも、楽しいのは最初だけで、あとは普通の日常です。
不倫のような不毛な恋愛では、それに苦しみが加わるだけなのです。
このことを知らないと、いつまでも目が外を向き、手に入らないモノばかり
求めることになるでしょう。
これらに気を払って、長期的にfu-sanさんの周りを苦しめる恋愛不倫をどこかで避けましょう。

障害があればあるほど燃え上がる恋愛は障害があればあるほど盛り上がる
(ロミオとジュリエット症候群)もの。不倫もそんな恋愛の1つです。恋愛には寿命があり、大体4年と言われています。
人間の脳は、早くて4ヶ月から3年で飽きがくるとされています

どんなに大恋愛で結婚した夫婦でもセックスが単調になったりして
知らず知らずのうちにセックスレスや浮気、不倫に走るのです。
不倫の心理は家庭では体験できない新しいセックスをしたいと男女とも走るのです。

なぜなら、トキメキがどんどん失われていくから。でも、不倫は違います。
誰かにバレるかもしれないドキドキ感と、いけないことをしているという背徳感。
そう、不倫は常にスリルと表裏一体なのです。
そして、不倫のスリルを恋愛のトキメキとはき違えしまうと、それがいつまでも
ずるずると続いていきます。
恐れながら自分に問いかけてみてください。

■本当にその男性のことを愛していますか?
■平凡な日常から抜け出したくて、
スリルあふれる不倫をしたいだけではありませんか?
■不倫をする悲劇のヒロインである自分に酔っている自分がいませんか

不倫は既婚男性にとって最高の疑似恋愛、でも女性にとっては…?
先ほども出てきましたが、不倫は既婚男性にとって最高の疑似恋愛です。

でも独身女性にとっては、ほとんどが恐ろしく不毛な恋愛です。
男性は不倫をしている女性に対して、きちんと向き合いません。

それは家庭という社会的信用は形をおいたままで男性にとって責任を負わなくても良い、最高の疑似恋愛なのです。
考えてみてください。既婚男性は毎月少ないおこずかいの中でやりくりしています。
お金のかかるキャバクラや風俗に行かなくても、自己満足や性欲を満足させてくれる不倫、
男性にとってこんな好都合の恋愛はありません。
ですから、離婚した場合の慰謝料や社会的信用を失いまた裁判のストレスに新しい生活費がかかることを
男はよほどの覚悟がないと踏み出せません

そこの費用や場合によっては家族への損害賠償を彼に変わって負担する覚悟ストレスを解除してもらいたいとfu-sanさんに男性が求めてくる最低なこともありえるのです 

奥さんの費用も発生するなどは新しい生活がもしできたとしてもケンカの時限爆弾にもなるのです
W不倫でお互い離婚して結婚する約束して女性が先に離婚したのに男性が最後に離婚できずにという相談もありました

これに対し、最初は割り切って始めた不倫でも、
割り切れなくなるのが女性。
大好きな人の一番になれない不毛な恋愛は、あなたの心と体、そして女性としての美しさを謳歌できる年月までもヒタヒタと蝕みます。

お辛いと思いますが、不倫なんて、中途半端な恋愛に溺れず、
どうぞ、ご自分を大切に、一番大事にしませんか。
今いちど、ご自身が今、何をすべきかをみつめなおすことも必要ですし、お一人でつらいからこそ
カウンセリングも選択肢です

いただきましたメールからfu-sanさんができることの一部で
申しわけありませんが、shi-taさんのこれからの一歩の何かの参考になれば幸いです。
ご参考まで
●日本人女性が抱える性の悩みと不倫
<セックスの刺激も人間の根源的に強いのでなかな か
依存から抜け出せない相談も多いのも現実です。
セックス依存に変わる代替報酬がないとなかなか止められなくなります。
女性の性風俗なども環境が日本では整ってないため出会い系
に走り、さらに止められない、怖い体験されて駆け込まれることもあります。
結婚宣言でアイドルを止めた女性も今の日本の女性には不倫以外性欲を満たせないから不倫を認めてほしいとも話されていました。
一番危険なのが禁欲です。セックスができないときは産婦人科医、精神科医もマスターベーションも大切とされてます。
スマホ世代以前の日本の女性はマスターベーション自体を罪悪視することで
特に友達や女性カウンセラーに相談すると軽蔑されそうと私のところに相談に来られる方もおられますが、次のセックスにつなげるためにもマスターベーションは大切なものと理解していただきたいのです。
女性の遺伝子的にもこどもをつくろうとする反応(性欲)を抑えようとするためにイライラがおきやすくPMSなどの言葉に置き換えられてますが、

ヒステリーの語源となるラテン語の子宮という意味もあるくらい一人でコントロールできない
のですからこそカウンセリングも選択肢になります
医療器具として元々作られたバイブレーターも薬局などでも販売してあり、先日はNHKでも紹介されたほど日本人の性に対するタブーにメンタル面での自己メンテナスとして認知してもらう必要な時代がきてるとされていました
ある産婦人科医の女性院長も学校でマスターベーションの正しい理解を精神的に苦しまないように
むしろ義務教育化させるべきとも言われています>
 

回答したカウンセラー

星 倫太郎

退席中

予約可

星 倫太郎

相談件数:2697件 口コミ:189

電話相談: 187円/1分

チャット相談:

メール相談: 3,300円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら

PAGE TOP