お試し無料相談

妻がうつ病のときに、できることはなんでしょうか?

妻が、うつ病になりました。

原因は、私にあります。
先日、会社の事で、私が左遷されそうになっている事を妻に話した所、収入や生活面での不安から憂鬱になってしまい、「何もしたくない」「何をすれば良いか分からない」「いっそ消えたら楽になるのに…。」という状態になってしまいました。

私なりに、悩んでいましたが、いっそ私が妻の前から居なくなった方が良いと思うようになっています。

私が妻にしてやれることは何でしょうか。

男性

2015年7月13日

47歳

男性

松田 たけお

カウンセラー

松田 たけお

  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • 2級キャリアコンサルティング技能士

商社・建築・金融機関情報センターにて法人・個人営業、ヘルプデスク、人事評価制度改革、新人教育、広報、新卒・中途採用、新規事業、経営管理の一部などのキャリアを歩み独立。現在は国家資格キャリアコンサルタント・2級キャリアコンサルティング技能士を取得し、上場企業において新卒採用コンテンツのアドバイザーや紹介並びに企業の福利厚生を一環とした結婚相談所(IBJ加盟)の運営といったキャリア関連の事業に関わりつつ、エキサイトお悩み相談室は2024年で12年目となります。

◆相談内容事例ベスト5
・キャリアの悩み(仕事・起業・転機)
・婚活相談(相手の気持ち・Line添削)
・転職相談(転職のタイミング・辞めたい)
・職場の人間関係(上司・同僚・部下)
・夫婦喧嘩(モラハラ、女性性・男性性)

◆メディア
・ウーマンエキサイト(心理テスト交流分析)
・2019年5月1日3日合併号 日本経済新聞社日経MJ
・2019年5月7日放送分 フジテレビ とくダネ!

◆アプローチ手法・技法
・システマチックアプローチ
・クライエントセンタードアプローチとコーチングの折衷技法

恋愛相談員の回答

うつ状態の奥様と向き合うことは、ご自身の心と向き合うことでもあります

りくさま、はじめまして。
カウンセラーの松田が回答します。

この度は無料メールカウンセリングへご投稿いただき、ありがとうございます。

鬱状態の奥様に対して、りくさまができることは、

りくさまが奥様の目の前から居なくなることではなく、奥様の本音と向き合うことではないでしょうか?

奥様の本音と向き合うことは、りくさまご自身の心の根っこの想いと向き合うことでもあります。

りくさまも、仕事で頑張りすぎているか、かなりの無理をなさっているのではないのでしょうか?

今回のような状況は、ご自身の心の状態を奥様が鏡として映し出していることもあれば、夫婦がお互い手を取り合って人生の苦楽を乗り越えていくことを思い出させるために起きていることもあります。

または、夫婦の絆という姿を、子供たちに見せるために起きているのかもしれません。

「何もしたくない」「何をすれば良いか分からない」「いっそ消えたら楽になるのに。」の奥様の声の奥には、「何か」をりくさまにわかってほしいという本音があるのです。

その「何か」は、まずは、奥様の状況を受け入れしっかりと向き合い、どのようなことに不安を感じているのかヒアリングをして、不安が解消するまで奥様の話を否定せず聞いてあげることで明らかになることでしょう。

ただし、りくさま一人で解決が難しいようでしたら、無理をせずお二人でカウンセリングを受ける夫婦カウンセリングを利用してみるという方法もございます。

夫婦の間に訪れる危機というのは人生のひとつの節目であり、そのような時こそ、お互いの絆を再確認したり、さらに後世に向けて絆を深めるために起こるということを忘れずにいてください。

お二人が出会ったときのトキメキを思い出し、夫婦の絆がさらに深まることをお祈りしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

松田 たけお

回答した恋愛相談員

松田 たけお

退席中

予約可

カウンセラー

松田 たけお

相談件数:9206件 口コミ:61

電話相談: 253円/1分

チャット相談:

メール相談:

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)