お試し無料相談

夫婦喧嘩ばかりの両親を見捨ててしまいたい葛藤で悩んでいます

夫婦喧嘩ばかりの両親に対する悩み

夫婦喧嘩ばかりの両親。電話もかかってくるが、本当は見捨ててしまいたい..。そんな両親に対する悩み相談にカウンセラーがお応えします。

父と母のことで相談させてください。
私の実家は貧乏です。
60代の父は転職を繰り返し、今はアルバイトで働いています。
50代の母は、父が若い頃から、あまり父に小遣いを渡すことなくすごしていました。
自由になるお金の無い父は、たいした趣味も、
飲みに行く友人も無く今まで生活してきました。

そんな父が最近キレて暴れるようになりました。
家族のために我慢をしてきて、自分の人生はなんだったのかと言います。
好きに金を使わせろと騒ぐのです。

母は昔から我の強い人で、何か気に入らないことがあると大きい声を出して
周りの人を従わせる人です。私は子供の頃よく殴られました。
(そもそも母だけでなく、両親は手をよく出す人たちで、父にも母にも殴られたことがあります。)

母の言うとおりに従って、従うことが出来なくなっている父
子供を育て、父の転職ばかりで、あまりお金も無い状況で何とか独自のルールでやってきた母
現時点で、父に我慢をさせてきた母のやり方にも問題が有るし、
家のことは母にまかせきりだった父にも、お互いに原因があると思うのです。

が、二人とも聞く耳を持たないのです。
私の言うことにまったく耳を貸さず、母はしまいには「私が悪いんだろう」とキレたり泣いたりする始末です。

正直、私は解決しない、変化も無いこの関係にかかわりたくありません。
本当は電話にも出たくないし、見捨ててしまいたい。
ただ、根本的に解決しないと、延々と電話が私にかかってきてしまいます。

正直、私はどうすればよいのでしょうか。

女性

2015年6月20日

32歳

女性

松田 たけお

カウンセラー

松田 たけお

  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • 2級キャリアコンサルティング技能士

商社・建築・金融機関情報センターにて法人・個人営業、ヘルプデスク、人事評価制度改革、新人教育、広報、新卒・中途採用、新規事業、経営管理の一部などのキャリアを歩み独立。現在は国家資格キャリアコンサルタント・2級キャリアコンサルティング技能士を取得し、上場企業において新卒採用コンテンツのアドバイザーや紹介並びに企業の福利厚生を一環とした結婚相談所(IBJ加盟)の運営といったキャリア関連の事業に関わりつつ、エキサイトお悩み相談室は2024年で12年目となります。

◆相談内容事例ベスト5
・キャリアの悩み(仕事・起業・転機)
・婚活相談(相手の気持ち・Line添削)
・転職相談(転職のタイミング・辞めたい)
・職場の人間関係(上司・同僚・部下)
・夫婦喧嘩(モラハラ、女性性・男性性)

◆メディア
・ウーマンエキサイト(心理テスト交流分析)
・2019年5月1日3日合併号 日本経済新聞社日経MJ
・2019年5月7日放送分 フジテレビ とくダネ!

◆アプローチ手法・技法
・システマチックアプローチ
・クライエントセンタードアプローチとコーチングの折衷技法

恋愛相談員の回答

家族が自立しながら支え合うための考え方

カキフライ様、はじめまして。
カウンセラーの松田が回答します。

この度は無料メールカウンセリングへご投稿いただき、ありがとうございます。

カキフライ様の話には聞く耳を持たず、不仲の件で延々と電話をかけてくるご両親に、お悩みなのですね。

カキフライ様は、もう電話にも出たくないし、ご両親を見捨ててしまいたい。
解決しない、変化も無いこの関係にかかわりたくないというのが、正直な気持ちとのこと。

正直に書いてくださり、ほんとうにありがとうございます。

ところで、
カキフライ様は、お母様が聞く耳をもたないとわかっていながら電話にも出てしまうのはどうしてなのでしょうか?

仮に、もしこれからは電話にも出ないとしたら、または、「聞く耳をもたないなら電話してこないで」と伝えたら、カキフライ様はどうなってしまうのでしょうか?

ここが肝心なのです。

電話にも出なかったときに、ご両親がどうなるのか?ではなく、カキフライ様が、ご自身のことをどう思ってしまうのか?

つまり、電話にでるか出ないかが問題なのではなく、電話にでないことが、親を見捨てることになる、という解釈のパターンが課題なのです。

また、電話にでるかでないかという二者択一の他に、電話にでる頻度を減らすという選択肢もあります。

夫婦の悩みは、最後は夫婦間で解決することになります。

そもそもご両親が、本当に現状に悩んでいるのか?課題だと思っているか?が疑問ですし、カキフライ様に、話を聞いてほしいだけなのかもしれません。

お互いが、現状から何かを学ぶという方向性を探る姿勢や、これまでとは、違う視点や選択肢を見つけるという意思を持つことや自主的な解決に向けて「冷静」に向き合う「場」や「時間」も必要となりそうです。

その過程において、どんなに気持ちが行き詰まってしまったとしても、その解決への選択肢がなくなるということもありません。

そのために、カキフライ様にできることのひとつとして、解決へのヒントや気づきを得るために、ご両親に傾聴を主としたカウンセリングを勧める(紹介する)、適切な相談機関を調べて紹介する、という選択肢も念頭に入れておくと良いでしょう。

聞く耳をもたないのであれば、メールや手紙を送るという方法もあります。

親子だからといって、すべての責任をひとりで背負わなくてもいいのです。関連機関へ相談したり連携をとりながら、カキフライ様ご自身の心の負担を分散することで、きっと解決に向けた新たな視点に気づく余裕も生まれることでしょう。

カキフライ様とご両親の生活に穏やかな日が訪れることをお祈りしています。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

松田 たけお

回答した恋愛相談員

松田 たけお

相談中

予約可

カウンセラー

松田 たけお

相談件数:9183件 口コミ:61

電話相談: 253円/1分

チャット相談:

メール相談:

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)