お試し無料相談

連絡先を交換しなかったことを後悔。どう立ち直ればいいですか?

高校の卒業旅行。陸上部に所属していたので山梨にグランピング旅行に行きました。そして、富士急ハイランドの「戦慄迷宮」というお化け屋敷に行った時のこと。男7人で行ったので、3人と4人のグループに分けて入ることになりました。そして、入る前の並んでる最中に、後ろに2人の女性グループ(多分20歳〜21歳くらい)が居て、「あー可愛いな」程度にしか思ってませんでした。

ようやく、お化け屋敷に入り、グループごとに進んで行くことに。自分は、4人グループの1番後ろになりました。本当は、後ろのグループが追いついたら抜かして先に進むのですが、女性グループに、「一緒に行こう」と言われ、結局男4女2の6人で進んでいくことになりました。

自分はビビりで、男4人の後ろで腰を引きながら耳を塞いで行ったので、女性グループに「大丈夫?私達後ろを見とくから」や「可愛い」とか小声で言われました。お化け屋敷なので、自然と人との距離が近くなるのでドキドキしました。自分が1回腰を抜かした時に2人が腰を支えて起こしてくれたりもしました。

結局6人でゴールして、女性2人とばいばいしました。その時は、こんなに好きになって忘れられないとは思わなかったので、連絡先を聞きませんでした。これは、吊り橋効果のような影響が大きいんでしょうか?今、思うと顔もはっきり覚えていません。

富士急ハイランドに行った後、まだ1日旅行があったのですが、その人達のことをずっと考えてしまって、「連絡先を何で交換しなかったんだろう」と、ずっと後悔してました。帰ってきても、まだずっと考えてしまいます。もう会えないと思うので凄く辛いです。顔もはっきりとは覚えていないので、吊り橋効果が自分に効果抜群だっただけのような気がします。

もう、会えないので、その人達のことを忘れたいです。春から大学生ですが、これ以上の人達と巡り会える気がしません。どう立ち直ればいいですか?時間が解決してくれるんでしょうか?
(ニックネーム: ゆいゆい)

男性

2024年4月2日

18歳

男性

金城 哲夫

カウンセラー

金城 哲夫

  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー

複数の行政機関で、相談業務に従事しております。更に、長い間、複数の民間相談事業に携わって参りました。

1995年 社団法人メンタルケア研究所開所
1996年 診療所開所 カウンセラー/精神疾患の方をカウンセリング
1998年 児童養護施設非常勤(相談員)/日本ペアレント協会/講師/子育て相談
2000年 自殺予防電話相談員/某心理支援機関にてカウンセラー/交通安全指導員
2017年 保護司/薬物乱用防止指導員/講師/某相談機関(恋愛専門)
2018年 日本仲人協会(婚活相談)/防犯指導員
2019年 民生委員・児童委員(生活全般・児童・福祉相談)/某相談機関(障がい者専門)
2021年 学校教育支援員/某相談機関にてカウンセラー
2022年 県警少年補導員にて相談業務/法務省にて人権擁護委員
2023年 生活支援サポーター/被害者支援団体にて相談員/教育委員会にて非常勤教育相談支援員
2024年 某相談機関にてカウンセラー

恋愛相談員の回答

自分の立ち位置や今後の向かうべき方向性を知ること

ゆいゆいさん、無料メール相談にご相談をいただき、ありがとうございます。また、ゆいゆいさんは勇気をふり絞ってメール相談をなさたのではないかと思います。それ自体が大きな一歩です。ゆいゆいさんがお化け屋敷で出逢った女性達と会えない辛さや後悔から、お辛いお気持ちであることを深くお察しいたします。

お化け屋敷での出来事がゆいゆいさんにとって特別な体験となった理由は、その状況が新鮮で刺激的だったためです。未知の環境や予期せぬ出来事は、私たちの興奮や緊張を高め、記憶に残りやすくなります。また、お化け屋敷では恐怖や緊張が感じられるため、その中で一緒にいた女性たちとの絆が強く感じられたことも、体験を特別なものにした要因の一つです。

しかし、そのような特別な体験が終わり、別れが訪れると、その気持ちには寂しさや喪失感が伴うことが一般的です。このような感情は、新しい体験や出会いを通じて少しずつ和らいでいくことが期待されます。時間が経つにつれて、心の傷が癒え、その出来事が過去の一ページとして位置付けられることで、気持ちが落ち着いていくこともあります。

しかし、時間が経つまでの間、ゆいゆいさん自身は、やはりお辛いお気持ちであるかと思いますので、自発能動的に立ち直るために何をすべきかをお伝えします。

まずはゆいゆいさんは自分自身と向き合い、その出来事を振り返り、その時感じたことや、思ったことを整理することが大切です。この段階では、「自分の内面にある感情や思考」を正直に受け入れることが重要です。お化け屋敷での体験によって「引き起こされた感情や不安、喪失感」などに対して、自己否定せずに受け入れることが必要です。

ゆいゆいさんが自分自身と向き合うことは、その出来事が「どのように自分の内面に影響を与えたか」を理解するための第一歩です。感じた感情や思ったことを整理することで、その出来事に対する自分自身の「立場や考え方」を客観的に見つめ直すことができます。この過程で、「自分の感情や考え方」に気づき、それらを整理することで、出来事に対する新たな視点や受容の仕方を見つけることができるでしょう。

自己の感情や思考を整理することは、自己認識を高め、ゆいゆいさんの自己理解を深めるための重要なプロセスです。この作業を通じて、お化け屋敷での体験に対する「自分の立ち位置」や「今後の向かうべき方向性」を見つけることができるかもしれません。そして、スムーズに立ち直りへの一歩を踏み出すことができるでしょう。

ゆいゆいさんは自分の感情を抑えずに受け入れ、その出来事が自分に与えた影響や学びを理解することで、心の整理が進みます。また、新たな出会いや経験を通じて、心に残る出来事を少しずつ埋めていくことで、前に進む力を得ることができるでしょう。そして、今回のメール相談で、ゆいゆいさんの状況に少しでも光をもたらされることを願っております。

回答した恋愛相談員

金城 哲夫

相談中

予約可

メール相談受付中

カウンセラー

金城 哲夫

相談件数:7162件 口コミ:150

電話相談: 242円/1分

チャット相談: 176円/1分

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

この恋愛相談員の他の相談

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)