お試し無料相談

新婚/「離婚してほしい」と妻に言われた。本気か?

つい最近、結婚したばかりの者です。

お互い再婚なのですが、「離婚してください」と言われています。
本気度がわからないのと、彼女が本気で離婚したいのか他に何か言いたいことがあるのかわかりません。

僕は何か負担をかけてるなら、楽にしてもらえるようにしたいです。何よりこれから妻と家庭を築いていきたいのです。

妻からは、
「好かれすぎてしんどい」
「(妻は)私じゃなくてもいいでしょ」
「私は必要ないでしょ」
「(ラチがあかないので)調停ですね」
「一緒にいるの無理」
どれも、僕が
「好きです」
「妻として愛してる」
「一緒にいたい」
と言うと、逆に返される感じです。

付き合っていた時も妻は、
「別れたい」
と言いつつ、
「どうせいなくなるんでしょ?」
と発言し、僕が、
「ずっと一緒にいます」
「大好き」
を貫くと、妻は落ち着いて元の優しい、一緒にいると気楽で居心地の良い関係になっていました。

今、僕が妻のいるところへ引っ越す準備をしていて、普段はラインで話をしています。
今回は、僕が要らないことを言ってしまったのが引き金になりました。
引っ越しの関係でお金が苦しいのもあり、乳腺外科の受診を妻が辞めると言い出しました。それは「受診を優先すべきだ」と、行かないと僕が後悔するから行って欲しい、と言ってしまったのです。

それから3日、既読スルーが続き、「好かれるのしんどい」「めんどくさい」「離婚して欲しい」が始まりました。

本気なのか、立て直すには何ができるのか、相談させてください。
よろしくお願いいたします。

男性

2018年5月1日

31歳

男性

森田 陽子カウンセラーの回答

とし さま

はじめまして。エキサイトお悩み相談室の森田陽子です。
ご結婚されたばかりなのに、「離婚してほしい」とは、穏やかではないですね。
よい関係を築いていきたいと思っておられるのに、難しい対応を迫られている
としさまのつらい胸の内お察しいたします。

詳しいことわからないので、まず、引き金になったと思っておられることから考えていきましょう。
「乳腺外科の受診を妻が辞める」と言い出したことに対して、「受診を優先すべきだ」
「行かないと僕が後悔するから行って欲しい」と言ってしまったことについて。
としさまの彼女を心配するお気持ちは、わかります。
彼女のことを全力で守りたいというお気持ちからの言葉だったのでしょうが、
言われた彼女は、「私のためではなくて、あなたのためにということ?」
と思ったのではないですか? 
病気に対する不安もあるけれど、「ふたりの生活のために自分は犠牲を払おうとしている。なのに、それを否定された」という思いも彼女にはあるのではないかしら。

「それから3日、既読スルーが続き、『好かれるのしんどい』『めんどくさい』『離婚して欲しい』が始まりました」ということから、彼女には強い不安感があり、自己肯定感の低さも気になります。
あるいは、「好き」「愛してる」が、表面的な言葉にしか聞こえないか。
だから、事件があったときに、愛の言葉とのギャップに苦しむのではないでしょうか?

付き合っていた時から、としさまの愛情表現に対して素直に受け止めるのではなく、逆のことを言うのは、これまでの恋愛経験からくる男性への不信感、彼女の育った環境の影響から来る強い不安感があるからでしょう。愛情をいつも確認しないと不安になり、そのことに疲れ果てているのではないかと思います。
「どうせいなくなるんでしょ?」というのは、相手へ不信感でもあるけれど、
「愛されるに値しない」「どうせ私は幸せになれない」という思い込みが強いのかもしれません。

「『ずっと一緒にいます』『大好き』を貫くと、妻は落ち着いて元の優しい、
一緒にいると気楽で居心地の良い関係になる」ということですが、
その行為が、逆に不安を強くしているとも考えられます。
愛を失う不安が強いと、「この愛を失ってしまうくらいなら、いまのうちに自分から別れよう」となりがちです。そして、「やぱりだめだった。幸せになれない」という思いを強くしていきます。彼女は、そういうタイプでしょうか?

重い話になってしまいましたが、もっとシンプルな理由を2つ考えてみましょう。
まず、経済的な問題について。これは、時間をかけて話す必要がありますね。
具体的な計画がないと、先行き不透明で不安が強くなります。

つぎに、としさまが彼女のテリトリーに入ってくることに対する抵抗感、嫌悪感。 
部屋が片付いてない。としさまの荷物を置くスペース作るためには自分のモノを処分しなければならない。としさまの引っ越しの日が迫っているのに、仕事が忙しくて時間がない。
こういうイライラを日々抱えていると、「もう、面倒くさい」になります。
相手のマンションに引っ越したけど自分のモノを置くスペースが少なく不満というご相談も多いです。
このことは、一緒に暮らす上でとても重要です。

最後に結論ですが、本音での話し合いが必要ということ。
彼女から返されるのは、表面的な言葉ばかりのようです。
きちんと向き合った話し合いになっていない印象があります。
離婚する覚悟が彼女にあるなら、本音ではっきり言えばいいけれど避けているように見えます。
あるいは、これまで何度も彼女が発したメッセージをとしさまが読み違えてしまったのかもしれません。
もしかしたら、引っ越しの時期をずらしてほしいと言えないだけかもしれません。
そんな簡単な話なら、悩まなくていいのですが、なかなか言えなかったりしますよ。

違う環境で育った者どおしが一緒に暮らすのですから、何ができるか、手探りで答えを見つけていくほかありません。お互いにどう折り合いをつけていくかです。100%の正解はないと考えて、少しずつ歩み寄れればいいですね。彼女がそういうことが苦手なら、としさまが待つことも必要になります。
まだ、始まったばかりです。いろいろなことがあって、関係が深まっていくと思います。

あとで、笑い話にできると思って取り組んでいきましょう。

森田陽子

回答したカウンセラー

森田 陽子

退席中

予約可

森田 陽子

相談件数:291件 口コミ:59

電話相談: 198円/1分

チャット相談:

メール相談: 3,520円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら

PAGE TOP