お試し無料相談

今後のためにも今の自分をなんとかしたい

私は今、56歳ですが、
元々、私は、機能不全家族の出で、親から精神的虐待を受け育ちました。
数年前に、恐怖症不安障害 強迫観念等の診断を受けました。
それに加え、化学物質過敏症もあります。

現在の家庭環境は、私と夫息子2人で、子供は長男だけが同居です。
数年前に夫が定年退職しましたが、夫は、元々亭主関白で私を見下す人でいつも冷たい人でした。そんな中でも、何とか、20数年夫婦、家族をしてきました。
私は、下の子を授かったのを機に、体調不良からパートが続けられなくなり、その後、出産、主婦業と子育てに必死でした。

そして、夫が65歳手前で退職したので、昼間夫と2人の生活が怖くて、私も自分を出せるように変わりたく、夫に初めて自分の気持ちをぶつけました。
その時から、夫に身体化障害の(中の疼痛障害)が出始め、数年たった今も症状は続いてます。
そこに、脳麻痺の難病も発症し、今は、介護状態(今は、メンタルの方が酷いが、いずれは身体にも来る)状態です。

私は、夫の難病も怖いけど、夫の疼痛で出る「痛い」という言葉や、情緒不安定な状態がとても怖く、病気だと分かっていても、夫との過去に時には親との過去もリンクし、夫と絡みがあると、どうしても私の方が過去を持ち出してしまいきつい言い方になります。
自分でも嫌になる時と、意地悪な自分が出てくるときとあります。
精神科はカウンセリングはしてくれません。2年ほど前は別でカウンセリングにも通ってましたが、今は、それも行けてません。

精神科も2か月ほど行けてません。(コロナを含め)
自分の生い立ちを見直さないといけないのだとわかっていますが、
なかなか難しく、介護の疲れもあり、どうしても感情的になる自分がいます。
今後のためにも何とかしたいです。

女性

2020年3月23日

56歳

女性

じゅりあ

カウンセラー

じゅりあ

  • 公認心理師
  • 産業カウンセラー

経歴

政経学部経済学科卒業後、建設資材メーカーの総合職にて7年間勤務
結婚後、編入学にて教養学部(心理学を専攻)を卒業。

●教育関係の相談員、スクールカウンセラー(現職)
 ※教職員向け教育相談研修
 ※児童・生徒向け「メンタルヘルス講話」「中一ギャップ講話」など随時対応
 ※年間を通して保護者への面談対応随時
     
●他機関の心理カウンセラーとしてカウンセリング面談を中心にサポート支援(現職)
●対面カウンセリング件数は、3000件以上現在も活動中
●電話相談(現職)・メール相談にも従事
 電話カウンセリング件数は、5000件以上(公的機関・エキサイト合計)現在も更新中
★13年間活動継続中。



趣味・特技

5歳からヴァイオリンを11年間習い、6歳からスキーを始め、
中学時代は吹奏楽部、高校時代はバスケットボール部を経験
20歳で普通二輪免許取得と自動車免許を取得
20代でスノーボードとボディボード、サーフィンを趣味とし、
12年前から少しずつマラソンを始め、現在に至る

恋愛相談員の回答

勇気のあるあなたなら、きっと自分を変えていける。応援します。

Arapon様
初めまして、お悩み相談室カウンセラーのじゅりあです。
メールを読ませていただきました。

あなたは今までの20数年間の中で、二人の息子さんを育て上げ、ご主人を支えてこられたんですね。
幼少期から、精神的に苦しい生活をしてきたのに加え、数年前からは、ご自身の恐怖症不安障害・強迫観念、また化学物質過敏症とも戦いながら一生懸命生きてこられたんですね。
ご主人が数年前65歳手前で退職され、昼間のご主人と2人の生活が怖くて、自分を出せるように変わりたい一心で、初めて自分の気持ちをご主人にぶつけたとのこと。
大きな勇気を出されたのだと思います。

その後にご主人は疼痛障害や脳麻痺の難病を発症し、あなたは病気そのものも怖いけれど、ご主人との生活の中で、「痛い」という言葉や、情緒不安定な状態をとても怖いと感じ、また、ご自身の過去ともリンクし、苦しい状況に耐えていらっしゃるんですね。

★あなたは自分を変えていきたいという、とても前向きな気持ちをお持ちです。
Arapon様は、ご主人との対話の中で、キツイ言い方だったり、いじわるな自分が出てくるような、感情的になる自分を何とかしたいと思われているんですね。

★介護の疲れや負担が少しづつ減ってくると、気持ちに余裕ができ、穏やかな気持ちが増えるかもしれません。
介護状態のご主人に対しての疲れも、とても大きいようですね。
ご主人は難病もお持ちで、さらに65歳を今、過ぎているようでしたら、要介護認定を受けられますよね。
今どのような感じでしょうか。

★自分の生い立ちを見直さなければいけない、という気持ちにもゆっくりと向き合っていくには、
ケアマネージャーと相談して、介護保険を使いながら、介護の負担が少しずつ軽減されたら、(コロナの影響で行けていない)精神科やカウンセリングなど、医療機関にも、行けるようになるのではないかと思います。

新型コロナが少しでも早く落ち着き、医療機関や相談機関にも気軽に行けるようになると同時に、Arapon様の生活や気持ちが、穏やかに過ごせますよう、心から願っております。

回答した恋愛相談員

じゅりあ

退席中

予約可

メール相談受付中

カウンセラー

じゅりあ

相談件数:5241件 口コミ:49

電話相談: 231円/1分

チャット相談:

メール相談: 5,500円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)