お試し無料相談

憂鬱な気分が続いており気が滅入っています。

就職活動中の大学生です。
第一志望だった会社に落選し、早く死にたい気持ちでいっぱいです。
製薬業界を第一志望業界として活動し、製薬に関わらず様々な業界を受けてきました。
しかし、現在になって1社も製薬業界とご縁がなく、更に第一志望だった製薬会社の選考で落選してしまい、毎日後悔と早く死にたい気持ちでいっぱいです。
この間の別の製薬会社の面接では「(履歴書の学部やサークル活動を見て)◎◎業界のほうがいいのでは?」と言われ、断られました。(◎◎業界は、得意かもしれないが業務内容に興味がなく、好きになれずに就職したくないと考えている業界です)

これから先、他業界の選考を受けるのですが、落選した第一志望の会社を引きずってしまい、身が入りません。
今頃になって、学部が違っていたら、もっと偏差値の高い大学に入っていればと悔やんでしまいます。
憂鬱な気分が続いており気が滅入っています。モヤモヤした頭をすっきりさせたいと考えています。どうか、アドバイスお願いいたします。

女性

2014年4月11日

21歳

女性

平澤 歌奈絵カウンセラーの回答

ゆのこさま

こんにちは。はじめまして、ひらさわ一美と申します。
第一志望であった企業の落選をひきづられているとのことですね。

学生の方の就職活動を拝見していると、
ゆのこさま と同じような方の状態の方もいらっしゃいます。

立ち直るのに、数ヶ月かかったという学生の方もみております。

さて、就職をする、内定となるには、学生の方は、
エントリー数から数十人しかとらない企業もあり
本当に大変さも理解できます。

他業界への選考をこれから受けられるとのことですね。
しかし、
「もっと偏差値の高い大学に入っていればと悔やんでしまいます。
憂鬱な気分が続いており気が滅入っています。
モヤモヤした頭をすっきりさせたいと考えています。」とのことですが、エントリーシートが通り、面接まではいけことは、すごいことです。

エントリーシートが通るのも大変ですから、
まずは、エントリーシートが通ったことは、よしとしましょう。

企業と、就職先は出会いでもありますので、今現在はいろいろ考えることもあり、憂鬱な気分が続いているかとも思いますが、
私がみている学生の方の中で、同じように第一志望がだめだった学生はおりました。

しかしながら、現在就職がきまりましたが、
「結果この企業でよかったと」言っています。

その方々のうまくいきました共通しているところは、

(1)あきらめなかったこと
(2)まわりの方の意見も聞きながら、行動をしたこと
(3)きっといい出会いの企業があると信じたこと

  でした。

その代わり、企業研究は、よくしました。
人と同じことをしてもということで、その企業の歴史から
沿革から、「なぜ?」「なんで?」と深堀もして、あきらめず、準備をされていました。

ゆのこさまも
ご自分を信じて、「自分ならできると信じて」行動にうつしましょう。

きっと次によい出会いの企業があります。

就職は、入社してからです。

その前の段階にいるのですから、精いっぱいやる、結果がどちらにせよこれでよかったと思えるように、再度チャレンジしていきましょう。

今のこの時も、今しかないと思い、気持ちを切り替えて
進みましょう。

今からだからこそ、まだ、できますし、企業を選択できる状況にもあるかと思います。

就職活動する際には、健康管理は一番大切ですから、
体調チェックも意識してください。









回答したカウンセラー

平澤 歌奈絵

退席中

平澤 歌奈絵

相談件数:102件 口コミ:9

電話相談: 209円/1分

チャット相談: 198円/1分

メール相談:

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

このカウンセラーの他の相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP