お試し無料相談

旦那さんと死別した女性にどのように愛を伝えればいいのか

同じ職場の同い年のスタッフに一目惚れしてしまい 告白したいのですが 彼女は旦那さんと死別していて今も亡くなった旦那さんが好きだと思う所がかなりあり告白も出来ません
この場合はどの様に進んで行けばいいでしょうか?
(ニックネーム: まー)

男性

2024年5月13日

47歳

男性

櫻麻 莉子

カウンセラー

櫻麻 莉子

  • 内閣府認定 日本学術会議 LCMメンタル学術学会 メンタルケア心理士
  • 内閣府認定 日本学術会議 LCMメンタル学術学会 メンタルケアカウンセラー

東京都出身。大学卒業後総合出版社に入社、女性のライフステージ全般に関わる雑誌編集(ギャル・赤文字・ストリート・ママ誌等)にてファッション・美容・恋愛・占い等を担当。
書籍の企画編集やメディア事業を経て、新規出版社のM&Aを機に退職、出版社取締役社長とグループ企業内の社長室広報を兼任。
独立後は本名名義にて編集ユニットを主宰し、現在も出版プロデュース、編集・執筆等を継続中です。
多くの雑誌・書籍・メディアにおける幅広いテーマ(自己啓発/恋愛・婚活/美容/育児/タレント・著名人/アダルト/医療など)での企画や執筆に際し、これまでに数千人の取材を経験してきました。
多くの方の悩みや心身の不調に触れ、「人の心が幸せな方向に動く瞬間に立ち会いたい」との思いから、心身両面に働きかけるメンタルサポートを志し、東洋医学やレイキ療法に加えて精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング技法、グリーフケア等を学んだ後、心理職として開業し6年になります。
恋愛&メンタルコーチング、グリーフサポート、セラピー等を含め個人カウンセリング実績多数。
とにかく「人が好き」で、その人ならではの魅力を引き出すのが得意です♪

恋愛相談員の回答

彼女の中にある旦那さまへの想いごと彼女を愛することを大切に…

まーさま、ご相談メールを拝見いたしました。
同じ職場で顔を合わせる中で、まー様の方から一目惚れしてしまった、ということですので、彼女はとても素敵な女性なのでしょうね。
ただ、彼女の心の中には死別された旦那さんへの想いがあることを感じて、愛情を伝えることにためらいがある、とのこと。

彼女は「今も亡くなった旦那さんを好きだと思うところがかなりあり」ということでなので、日頃から彼女は死別された旦那さまのお話をしたり、愛情を持ち続けていることがわかるような言動があるということなのかなと思います。

たしかに何らかの原因でどちらかに、もしくは双方に愛情がなくなってお別れする「離別」と違い、「死別」は愛情がなくなるわけではなく、不可抗力的なお別れになりますので、生きているとき同様の、もしくはそれ以上の深い想いを持ち続けられる方も多いです。
実際、「とてもではないけれど他の方との恋愛に踏み出すことなど考えられもしない」、というほどの死別の哀しみを抱え続ける方も少なくありません。
でもその後の恋愛が100%ナシかと言われれば、そんなこともないように思います。
ただ、通常の男女の恋愛よりもゆっくりと長く関係をあたため、距離を縮めていくこと、たとえ時間をかけてもこの想いを伝え続けるんだ、という覚悟は必要かと思います。

どのように進んでいけば良いのか、ということについては、まずはいきなり男女の恋愛を始めようとするのではなく、最初は「仲良しの同僚」から初めて、次第に「何でも話せる異性の友人」と徐々に関係を深めていく、距離を縮めていけるとよいのではないでしょうか。

例えば、そばにいて、必要なときに必要なことをしてあげる。
力仕事で男手が必要なとき、心が弱っていて話を聴いてほしいとき。
寂しくて誰かにそばにいてほしいとき。
たとえ心の中でどんなに旦那さまを強く思っていても、実生活の中ではそんなときがきっとあるはずです。
その時に、すぐに手を差し伸べてあげられる、そういう距離を保つことで、男性として頼りにしてもらえる関係を構築することを目指してみてください。

そして、最も大切なことは、「彼女の中にある旦那さまへの想いごと彼女を愛する」ことです。
恋愛に独占欲はつきものですが、死別の場合は特に「すべてを独占できない覚悟」を決めることも必要なことかと思います。
決して、「自分の愛で過去を忘れさせよう」なんて思わないこと。
なぜなら、いままーさんがみている彼女は、過去この世に生きて、彼女と共に過ごした旦那さんとの出会いと別れがあったからこそ存在している人だからです。
過去は消せませんし、その過去は、彼女にとって決して消したくない大切なものかもしれません。
まーさんが、彼女の大切なものを、大切にしてあげられる男性であれば……
彼女も少しずつ心を開いてくれるのではないでしょうか。

燃え盛る炎のような愛よりも、キャンドルの温かい炎のような絶え間ない愛情。
そんな穏やかな愛を伝え続けることができれば、亡くなった旦那さまとはまた別の意味で、まーさんが彼女にとってかけがえのない人になっていくかもしれません。

おふたりの関係が、これから良い方向に進まれることを心から願い、応援しております☆

回答した恋愛相談員

櫻麻 莉子

退席中

メール相談受付中

カウンセラー

櫻麻 莉子

相談件数:659件 口コミ:16

電話相談: 231円/1分

チャット相談:

メール相談: 5,500円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)