お試し無料相談

実母のことを忘れずにこのままでいいのでしょうか

毎年12月になると実母の命日で気持ちが不安定になり泣いたりします。
旦那に話したらもう子供もいるし、亡くなって大分経つんだから忘れなきゃって言われました。
そんな簡単なことじゃないのにって私は感じています。

話を聞いてくれる人はいなく市役所の人に話を聞いてもらっています。
話したらいくらか軽くらはなりますがしんどさはあります。
私は実母の忘れずにずっとこのままいていいんでしょうか?

(ニックネーム:ココミ)

女性

2023年12月27日

35歳

女性

金城 哲夫

カウンセラー

金城 哲夫

  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー

複数の行政機関で、相談業務に従事しております。
更に、長い間、複数の民間相談事業に携わって参りました。

1995年
社団法人メンタルケア研究所開所

1996年
診療所開所 カウンセラー/精神疾患の方をカウンセリング

1998年
児童養護施設非常勤(相談員)

日本ペアレント協会/講師/子育て相談

2000年
自殺予防電話相談員

某心理支援機関にてカウンセラー

交通安全指導員

2017年
保護司

薬物乱用防止指導員/講師

某相談機関(恋愛専門)

2018年
日本仲人協会(婚活相談)

防犯指導員

2019年
民生委員・児童委員(生活全般・児童・福祉相談)

某相談機関(障がい者専門)

2021年
学校教育支援員

某相談機関にてカウンセラー

2022年
県警少年補導員にて相談業務

人権擁護委員

2023年
生活支援サポーター

被害者支援団体にて相談員

学校非常勤教育相談支援員

【得意分野】
恋愛、人間関係、心理学、地域と行政支援、子育て、婚活支援

恋愛相談員の回答

忘れずに共に生きる事が大事

お気持ちが不安定になり、辛い時期が訪れることはとても理解できます。実母の命日は特別な日であり、母を亡くした悲しみや喪失感が再び襲ってくるものです。旦那さんが「忘れなきゃ」と言ったのは、彼のやり方で、ココミさんに、悲しみの整理をして行った方が良いとお伝えになられているのだと思います。しかし、それはココミさんの感じ方やペースに合わないかもしれません。

大切な人を亡くした悲しみは、時間が経っても消えることはありません。また、それを忘れることは、必ずしも必要なことではないと思います。ココミさんが実母のことを忘れずにいることは、とても素晴らしいことですし、大切な思い出を大切にすることは、ココミさんの心の平穏を保つ上で重要な要素です。

市役所の方にお話を聞いてもらうことで、少し心が軽くなるのはとても良いことです。しかし、その他にも話を聞いてくれる人がいないと感じているのであれば、私もいつでもココミさんの話に耳を傾けることができます。いつでも相談してください。

ココミはんが実母を忘れずにいていいのかという問いについては、ココミさんが心の中で実母を思い続けることが、ココミさん自身の癒しや成長に繋がるのであれば、それは間違いないと思います。自分自身と向き合い、心の中で実母とのつながりを大切にしていくことは、ココミさんの心の平穏を保つための大事なことでもあると思います。

どんな時でも、ココミさんの感情や思いを大切にしてください。ココミさんは悲しみを抱えながらも、強く生きている素晴らしい人です。私はココミさんを応援しています。これからも亡き母を大事にして行かれてはと思います。

回答した恋愛相談員

金城 哲夫

相談受付中

予約可

メール相談受付中

カウンセラー

金城 哲夫

相談件数:6848件 口コミ:131

電話相談: 242円/1分

チャット相談: 176円/1分

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)