お試し無料相談

妻から離婚を切り出されたが離婚は回避したい

妻から離婚を切り出され別居状態です。
結婚して2年のアラサー夫婦です。

離婚を切り出された原因は以下の6点だと考えております。
1.私の嫉妬心からくる束縛によるストレス(異性との夜釣りや飲み会、外泊の禁止
2.ケンカした際に私から離婚の宣言を3回程している
3.相手からやり直したい旨を伝えられても心の底から信じることが出来ず、束縛が強くなっていた
4.私のストレス値が高くなると態度や言葉に出るため、モラハラのようになっていた
5.不妊治療中にケンカになり、今は子供を作る気になれないと言ってしまった
6.相手は私との未来を考えられないとよく言っていた

基本的に自分に自信がなく、不安を相手に押し付けることで解消しようとしていました。
相手からは短期間に2回離婚を宣言されており、今回は引っ越しまでされました。
もう復縁は難しいでしょうか。

私としては自分勝手な言動が多かったこと、相手の意見を自分への否定と捉えたことから攻撃的になっていたこと、平気で傷つけていたのだと今回の件で認識しました。
それを改めるので離婚は回避したいのですが、難しいでしょうか。

現状引っ越しも離婚も嫌だと何度か伝えてしまい、相手からは離婚届を早く書いてほしいと言われております。
手紙(相手が変わる必要がなく、自分自身の問題をぶつけてしまっていたことを謝罪。変わっていくためにチャンスが欲しい。)を最後に一旦時間をおいて、再度話をしてもらえればいいなと思っております。

(ニックネーム:WS)

男性

2023年12月6日

28歳

男性

金城 哲夫

カウンセラー

金城 哲夫

  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー

複数の行政機関で、相談業務に従事しております。更に、長い間、複数の民間相談事業に携わって参りました。

1995年 社団法人メンタルケア研究所開所
1996年 カウンセリング室を開所
1998年 児童養護施設非常勤(相談員)/日本ペアレント協会/講師/子育て相談
2000年 自殺予防電話相談員/某心理支援機関にてカウンセラー/交通安全指導員
2017年 保護司/薬物乱用防止指導員講師/某相談機関(恋愛専門)
2018年 日本仲人協会(婚活相談)/防犯指導員
2019年 民生委員・児童委員(生活全般・児童・福祉相談)/某相談機関(障がい者専門)
2021年 学校教育支援員/某相談機関にてカウンセラー
2022年 県警少年補導員にて相談業務/法務省にて人権擁護委員
2023年 生活支援サポーター/被害者支援団体にて相談員/教育委員会にて教育相談支援員
2024年 某相談機関にてカウンセラー/ラジオMC

恋愛相談員の回答

再建するための道

メールの文章から、どうしていったら復縁できるのかというところをお伝えさせていただきます。

>私の嫉妬心から束縛によるストレス(異性との夜釣りや飲み会、外泊の禁止)

今後は奥さんに信頼を寄せ、WSさん自身の不安や嫉妬心を管理するための努力が必要です。そして、コミュニケーションを通じて、奥さんの気持ちや意見を尊重し、お互いの個別の活動や友人との交流をサポートすることが大切です。

>喧嘩の際に私から離婚話を3回程している。

パートナーに不安や恐怖を与えられたことでしょう。話し合いの場では奥さんの意見や感情に敏感に反応し、冷静な判断を心掛けましょう。離婚を口にする前に、奥さんの立場や感情を考慮し、建設的な解決策を模索することが重要です。

>やり直したいと聞いても、心の底から信じることが出来ず、私は束縛を強くした。

WSさん自身の心の中で不信感を抱くことがあっても、オープンなコミュニケーションや相互の努力を通じて、信頼関係を築くことが重要です。

>私のストレス値が高くなるとモラハラ的な態度や言葉に出る。

WSさんが、自己管理やストレス解消の方法を見つけることで、より建設的なコミュニケーションができるようになります。また、私の方でも構いませんし、他のカウンセリングや専門家の助けを借りることも考慮してください。

>不妊治療中に喧嘩になり、今は子供を作る気になれないと言ってしまい傷付けた。

不妊治療は夫婦にとって非常にストレスのある期間です。感情が高ぶった時には、相手の気持ちや状況を理解しようとすることが重要です。傷つける言葉を避け、お互いにサポートし合い、共感と理解を示すことが大切です。

>妻は私との未来を考えられないとよく言っていた。

オープンなコミュニケーションを通じて相互の目標や希望、不安を共有しましょう。将来の計画や夢について話し合い、お互いの価値観や希望を尊重することが重要です。
これらの改善点を意識することで、お互いの関係を改善し、より健全なパートナーシップを築くことができるでしょう。しかし、修復にはお互いの努力と時間が必要です。私の方でも構いませんし、他のカップルセラピーを検討することもおすすめです。

>基本的に自分に自信がなく、不安を妻に押し付けることで解消しようとしていた。また、妻からは短期間に2回離婚話をされ、今回は引っ越しをされた。もう復縁は難しいのか?

現在の状況を考えると、関係の修復には時間と努力が必要かもしれません。奥さんも不安やストレスを抱えている可能性が高いと思われます。奥さんの感情や意思決定を尊重し、奥さんが必要とする時間と空間を与えることが重要です。これによって奥さんは、WSさんの変化や成長への真剣さを感じることができます。たとえば、WSさんが実際に変わることや改善すること、奥さんがWSさんに対して持っている感情、奥さん自身の成長や変化などです。また、奥さんが他の要素や関係の健全性を考慮するかもしれません。
ここで重要なことは、奥さんの意思決定を尊重し、 奥さんにプレッシャーや期待を押し付けないことです。奥さんがWSさんとの関係についての考えを整理し、自身の幸せを追求することができるようにすることが大切です。このように関係の修復に向けて努力を続けながら、奥さんとのコミュニケーションと相互理解を重視してください。それらと同時に、WSさんが自己成長や改善に取り組むことも大切で、自分自身に自信を持ち、不安を他者に押し付けることをやめて、自分自身の幸せや安定を追求することが重要です。これにより、奥さんとの関係を発展させる可能性があります。復縁が難しいかどうかは、WSさんと奥さんとの間のコミュニケーションや努力によります。時間をかけて、自己成長と改善に取り組むことを心掛けながら、奥さんとの再会を待つことをお勧めします。

>私としては、自分勝手な言動が多かったこと。

自分自身の言動や行動パターンを見直し、改善するために努力することが必要です。自己成長へのコミットメントや、自己管理のスキルの向上を目指しましょう。

>妻の意見を自分への否定と捉えたことから攻撃的になっていた。 

相手の視点や意見に対してオープンで理解を示し、建設的な対話を促進することが重要です。

>妻を平気で傷つけていた。

相手の感情や状況を理解し、思いやりのある態度で接することが大切です。

>現状、引っ越しも、離婚も、嫌だと何度か伝えている。相手からは離婚届を早く書いてほしいと言われています。妻が変わる必要がなく、自分自身の問題をぶつけてしまっていたことを謝罪し、変わっていくためにチャンスが欲しいということを、最後に一旦時間をおいて、再度話ができたらと思っております。いかがでしょうか?

再度話をする機会を求めるのは素晴らしいアプローチです。また、時間をおいて感情が落ち着いた後に、奥さんとのコミュニケーションを再開し、変わっていくためのチャンスを求めることは大切です。この再会の際には、奥さんが変わる必要がないということを伝え、WSさん自身の問題を謝罪することで、奥さんの理解を得ることができるかもしれません。そして、お互いが納得し、パートナーシップを再建するための道を見つけることができるかも知れません。

以上となりますが、お二人が良い方向に行くように祈っております。また、何かご不明な点がございましたら、お気軽にお声掛けください。

回答した恋愛相談員

金城 哲夫

相談中

予約可

メール相談受付中

カウンセラー

金城 哲夫

相談件数:7580件 口コミ:175

電話相談: 242円/1分

チャット相談: 176円/1分

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)