お試し無料相談

父親が嫌いで憎くて殺したいと思ってしまう

父親が嫌いで憎くて殺したいと思ってしまいます。言葉の通じないモンスターです。
自分の思い通りにならないと激怒して、LINEを使った罵倒や無視、今後の生活への脅しを受けてこれまで生きてきました。

自分はまだこの程度ですが、兄は実際暴力を受け、別居中の母の元へ。
母の別居は父との問題よりも嫁姑問題です。母と祖母も折り合いが悪く子供である私達は祖母と母を同時に守るようなことは出来ません。
父の母へのDVも、他人から心配されるほど明らかで、私と同じLINEでの攻撃から、電話での攻撃、生活費を払わない、土下座を要求するなど酷いものです。
それも、原因は全て母にあるような言い分で、生活に脅しをかけてきます。
母は働いていますが、それでも経済的に父に頼らなければやっていけないようです。

私は帰省の時のみになったのでマシですが、その分、高校一年生の妹への受験の意味のわからない否定や、気に入らないことがあればすぐに怒鳴り散らすというものが1点集中になってしまうようになりました。
そのうち祖母や祖父にまで手を上げるのではないかと不安です。

実際私が幼稚園児の時には父親が祖父に馬乗りになって包丁を突きつけている場面を目撃しています。
父親がいなくなればこのストレスも、不安も、全て解決するんです。
だから、私が父親を殺せば、みんな幸せになれるんじゃないかなと無性に考えるようになりました。

でも、家は代々会社を経営していて、従業員の方を路頭に迷わせる訳にはいかないですし、家族殺しの家族に皆をしたくないので踏みとどまっています。
警察に通報するのも、児相も、訴えるのも、父親の暴力を悪化させ、会社に迷惑がかかると思うのでできません。
でも、これ以上父親といたら、皆壊されちゃうと思ったら、我慢の限界が近づいてきています。
どこにも歩き出せずにいます。助けて下さい。父親以外の全部を守るには、どうしたらいいんでしょうか。

女性

2023年8月10日

18歳

女性

金城 哲夫

カウンセラー

金城 哲夫

  • メンタル心理カウンセラー
  • 上級心理カウンセラー

複数の行政機関で、相談業務に従事しております。更に、長い間、複数の民間相談事業に携わって参りました。

1995年 社団法人メンタルケア研究所開所
1996年 診療所開所 カウンセラー/精神疾患の方をカウンセリング
1998年 児童養護施設非常勤(相談員)/日本ペアレント協会/講師/子育て相談
2000年 自殺予防電話相談員/某心理支援機関にてカウンセラー/交通安全指導員
2017年 保護司/薬物乱用防止指導員/講師/某相談機関(恋愛専門)
2018年 日本仲人協会(婚活相談)/防犯指導員
2019年 民生委員・児童委員(生活全般・児童・福祉相談)/某相談機関(障がい者専門)
2021年 学校教育支援員/某相談機関にてカウンセラー
2022年 県警少年補導員にて相談業務/法務省にて人権擁護委員
2023年 生活支援サポーター/被害者支援団体にて相談員/教育委員会にて非常勤教育相談支援員
2024年 某相談機関にてカウンセラー

恋愛相談員の回答

父親との関係を強制的に遮断しましょう。

レイラさん、はじめまして。カウンセラーの金城と申します。非常に大変な状況の中にあるにも関わらず、こちらにご相談くださいまして良かったと思います。
是非とも、レイラさんとご家族様のお力添えになりたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。

先ず、会社の経営は父親のものであると思われますから、家族の命を守る行動を優先すべきだと思います。

次に、父親は母親に対して、身体的DV、精神的DV、性的DV、経済的DV、社会的DV等、5つのDVを与えてこられた訳ですし、そして、現在も父親からDVを受けている状態ですから、DVシェルターに避難された方が良いと思われます。

シェルターへの一時保護しは、配偶者暴力相談支援センターや警察などの相談機関に連絡するのが先になります。

そして、相談を受けた後、関係機関と連携し一時保護等の対応をして行きます。

また、シェルター以外にも他の公的機関の利用や、区市町村において緊急保護を実施している場合もありますので、相談して情報収集されて行かれてはと思います。

そうすると、あらゆる機関と連携しますので、間違いなく父から見つかることも調べることも出来ません。 

例えば、役所に行こうが、警察に行こうが、年金事務所に行こうが、税務署に行こうが、健保協会に行こうが、銀行に行こうが、間違いなく調べる事は出来ません。

そして、法テラスなどの無料弁護士を利用して、強制的に、署名不要で離婚手続きを進めてもいけます。

また、DVシェルターでは、居住確保、就労支援、生活資金貸付も出来ます。
居住地は地図にも記載されていないですし、一般市民も知られていない安全な場所です。

就労場所もシェルターと提携しておりますので、調べる事ができません。

心配であれば、警察に相談なさって、裁判所の手続きにより、父親に対して家族全員に対する接近禁止命令を発布して行かれても良いと思われます。

祖父母のことも心配であれば、そこも相談されてはどうでしょうか?

もちろん、父親は接近禁止命令の決まりを破ると逮捕されます。

そして、これらが全て安全に落ち着いた後は、生活困窮者支援制度などを使うと、新しい住居を確保出来ますし、就労支援を受けて、生活全般の立て直しをして行く事が可能となります。

それ以外にも、役所などで経済的支援としても、ひとり親支援制度もありますし、教育支援の制度もありますし、社会福祉協議会にて、緊急小口貸付制度や、生活資金貸付制度もありますし、他にも生活保護でも居住確保、生活費、医療支援を受けていくことも出来ます。

また、レイラさんに対して、父親は思い通りにならないと、1.激怒、2.罵倒、3.無視、4.脅しをしていますが、これは虐待ですので、お母さんのシェルター保護要件に該当して行くと思われますので、シェルター避難の審査の際にしっかりお伝えください。

お兄さんへの暴力を受けられたことも、妹さんに対しても、1.受験を否定、2.怒鳴るをしていますから同様です。

以上となりますが、ここまでお伝えさせていただ きました内容で不明な点や足りない事がありましたら、再度ご相談ください。一緒に頑張りましょう!

回答した恋愛相談員

金城 哲夫

相談受付中

予約可

メール相談受付中

カウンセラー

金城 哲夫

相談件数:7163件 口コミ:150

電話相談: 242円/1分

チャット相談: 176円/1分

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)