お試し無料相談

いつも優しいのに急に怒って暴言を吐く彼

同棲して1年半の1歳年下の彼がいます。
毎日の料理(朝食、わたしのお弁当、夕食)をしてくれ、仕事の送り迎え、わたしの行きたいとこや食べたいものや好きなものを覚えていて喜ばせようと行動してくれる彼です。

鬱気味のわたしを気遣い、具合悪そうにしているとすぐ気付いてさすってくれたり、仕事休む?など優しくしてくれます。
スキンシップもたくさん。お金もたくさんわたしに使ってくれる人です。
洗濯はわたしの担当ですが、それさえも彼が休みの日にはやってくれます。
わたしはそれを喜んで受け取り、たくさん感謝を表現しています。
彼が仕事が大変な時はわたしも夕飯を作り、彼が好きなものをプレゼントする等彼が喜ぶことが何かも知っていて行動しています。

でも彼は「これだけ大切にしてるんだから俺のことも大切にしてよ」という気持ちが大きく、わたしが悪気なくしたことも「大切にされてない」と受け取り、急に怒ります。
怒り始めると口調が荒くなり暴言を吐きます。

昨日は彼がわたしに作ってくれた朝食を「俺も食べるから残しておいて」と言われました。
彼はいつもは朝食を食べないのと、わたしの為に作ってくれたという思い込みがあり、1/3残しておいたら、急に顔色が変わり「こんなんで足りると思う?これで1食分になる?半分残しておいてくれないわけ?俺のこと考えてくれないんだね」と怒り始めました。
上記のわたしの気持ちを伝えても「言い訳しないで」と聞いてくれませんでした。
仲直りは出来ましたが、こういうことが度々あるので、穏やかな日々ではありません。

別れるか迷っていますが、普段とても大切にしてくれるのと、それが決して誰でも出来るような事ではなく人のために時間も労力もかけられる、そんな所を尊敬していて。でも同じ様に求められるのは大変。
どうしたらいいか決められません。アドバイスお願いします。

女性

2023年8月10日

40歳

女性

金城 哲夫

カウンセラー

金城 哲夫

  • 恋愛アドバイザー
  • 上級心理カウンセラー

複数の行政機関で、相談業務に従事しております。更に、長い間、複数の民間相談事業に携わって参りました。

1995年 社団法人メンタルケア研究所開所
1996年 カウンセリング室を開所
1998年 児童養護施設非常勤(相談員)/日本ペアレント協会/講師/子育て相談
2000年 自殺予防電話相談員/某心理支援機関にてカウンセラー/交通安全指導員
2017年 保護司/薬物乱用防止指導員講師/某相談機関(恋愛専門)
2018年 日本仲人協会(婚活相談)/防犯指導員
2019年 民生委員・児童委員(生活全般・児童・福祉相談)/某相談機関(障がい者専門)
2021年 学校教育支援員/某相談機関にてカウンセラー
2022年 県警少年補導員にて相談業務/法務省にて人権擁護委員
2023年 生活支援サポーター/被害者支援団体にて相談員/教育委員会にて教育相談支援員
2024年 某相談機関にてカウンセラー/ラジオMC

恋愛相談員の回答

三つのきくで絆UP

ひーさん、はじめまして。カウンセラーの金城と申します。メールの相談内容の文面から心情や背景を紐解きながら、ひーさんが彼との関係を今後どうして行ったら良いかを検討してまいりたいと思います。よろしくお願いします。

「毎日料理、仕事送迎、行きたい食べたい好きなものを覚えていている、喜ばせようと行動、気遣う。具合悪いとすぐ気付いてさすってくれる、優し今言葉を掛けてくれる。、スキンシップもたくさん。らお金もたくさん使ってくれる。らわたしが洗濯担当なのに彼が休日にはやってくれる。」
→基本的男性心理を学ぶと分かりますが、男性は自分が大事にしている女性が喜ぶ姿を見て喜びます。

また、男性特有の本能として、女性のように出産する機会がない為に、日常の全てで達成感や満足感を感じていこうとする生き物です。

ですから、自分のやったことで女性が喜ぶことで満足や達成を感じることを生き甲斐に感じます。

彼が他の男性と違う所は、自分の気持ちを実直に行動できる所です。

おそらく、彼は何事にも敏感な方なのではないかと思います。

もしかするとHSP気質な方かも知れません。

しかし、男性心理では、相手の為に何かをしたいと思う心理には見返りを求めてしまうというのがあります。

見返りを求めない事も確かにありますが、それは、内容によって、相手が喜ぶかどうかが不明な場合です。そういう人は相手に見返りを求めてやってはいません。

しかし、彼がしていることは明らかに女性が喜ぶ事をしていますので、彼自身の中で気付いていないかも知れませんが、無意識下では彼女に見返りを求めているかも知れません。

そうした心理を理解し、ひーさんもしっかりと意識してお返しをされて行かれては思います。


「それを喜んで受け取り、たくさん感謝を表現している。」
→男性心理からしますと、男性には感謝の言葉と行動が大事になります。

女性にしてあげたことが感謝の想いとして帰って来ることこそ、男性が求める一番の好物だからです。

ですから、ひーさんがそれをたくさん表現していることはとても良いことという事になります。


「仕事が大変な時は夕飯を作り、好きなものをプレゼント。彼が喜ぶことが何かも知っていて行動している。」
→ひーさんも彼が喜ぶ事をしてあげたいと行動できているところがとても素晴らしいと思います。

特に、好きな女性が料理を作って胃袋を満たしてあげることは、とても安心感を持つものなんです。

また、そもそも人間は価値観を常に変更していく生き物ですが、ひーさんは彼の喜ぶことが何かを知っているとのことですので、そうした事をこれからも理解を継続し、今の彼が好きなことを把握されて行かれたらと思います。


「これだけ大切にしてるんだから俺のことも大切にしてよ!という気持ちが大きい。
また、私はけっして悪気はなくしているのに、大切にされてないと思う。
そして、急に怒る」
→彼はひーさんにしている行動の理由と動機は、前述した通りの見返りの心理があるからでは ないかと思います。

それが、なぜなのかを説明いたしますと、彼の言葉に、「・・・しているんだから」と、表現していることが、その証拠となります。

また、ひーさんのことを、大切にする行動を彼は意識して行動し、その代償としてひーさんの心の部分に訴え掛け、心で返してと言っている事になります。それは、彼の「大切にされていないと感じる」という言葉で現していることが根拠となります。
ですから、ひーさんが悪気がないとか、あるとかは関係ないという事になるのではないかと思われます。

「怒り始めると口調が荒くなり暴言を吐く。」
→怒りの感情は第二感情ですので、第一感情としては、相手に対して期待をし、その期待を裏切らたと感じて不安が生じた可能性が高いのではないかと思われます。

人は主張性が出た時、それが認められないと不安に陥りますし、その不安を払拭する為に攻撃性が優位に立ちます。

彼が怒り始める時、その直前に彼の主張がある訳ですから、早めにそこに気付く必要があります。  

気付かないでいたり、気付くのが遅くなりますと、彼はひーさんに分からせようとする気持ちが強くなって行くので、感情コントロールが出来ない状態にまで発展して行くということではないかと思われます。

また、怒りが始まる前の対策としては、彼が大事にしている様々な考え方、価値観や心情を先に理解しておいて、第一感情が起きないよう大切に扱ってあげる事ではないかと思います。

「昨日は彼がわたしに作ってくれた朝食を俺も食べるから残しておいて」と言われ、彼はいつもは朝食を食べないのと、わたしの為に作ってくれたという思い込みがあり、1/3残しておいたら、急に顔色が変わり
「こんなんで足りると思う?これで1食分になる?
半分残しておいてくれないわけ?俺のこと考えてくれないんだね」と怒り始めた。」
→今日は珍しく食べるんだね。どれくらい食べるの?どのくらい残しておいたらいい?という質問があったら良かったでしょう。

このように、彼とうまく行かせる為に必要な技術として三つの『きく』をお伝えさせていただきます。

一つ目は、『聞く』ですが、話を聞く時は自分の頭の中のもう1人の自分と勝手に会話するような雑音を消し、その事実だけを正確に聞き取るという事になります。

二つ目に、そのことの感情の裏側を読み取るための『聴く』ですが、本当の気持ちを知ろうとする意識で聴く必要があります。

最後の三つ目は、人間関係で一番大事とされる質問する力となる『訊く』です。

相手がその場面で、そのことを話して来ないのを話させるのは質問力になってきます。

また、相手に関心を持つ事が彼に対する最大のギフトと捉えていくと楽しくなって行くのではないかと思います。

実際に、「俺も食べるから」という言葉に対し、この3つのきくが有効ですので、今後はこうしたことを取り入れて行かれると誤解や思い込みを無くし、相手の思考を鷲掴みに出来ますから、二人の喜びは益々増えて行けるではないかと思います。

わたしの気持ちを伝えても言い訳しないで!と聞いてくれない。」
→彼がひーさんを受け入れて話を聞こうとしていない様子が伺えます。ひーさんの気持ちを、心の余裕を持ってきく事ができないくらい、彼が感情的になっておられたのではないかと思われます。

こういう時の対処方法としては、先ずは、前述した通りの『訊く』をする必要があります。

その後に、『聴く』をされると、ひーさんの状況も受け入れていたでしょうし、言い訳しないで!とはなって行かないと思われます。

「仲直りは出来ましたが、こういうことが度々あるので、穏やかな日々ではない。」
→こういう事が度々ないように、三つの『きく』をして行かれてはと思います。

「別れるか迷っている」
→一応は上述した通りに取り組んでみられて、他にもやり方はありますので、またご相談して行かれてはと思います。

「でも同じように求められるのは大変。」
→確かにそうですよね。彼がしているレベルを私に求められるとしんどくなります。

こうした対応策としては、彼がひーさんにどこまで期待しているのかを三つの『きく』を使って探ってはいかがでしょうか?

もしかすると、ひーさんが同じように求められると感じていることも、彼からすると、そこまでは求めていないよ!ということもあるかも知れません。

以上のことから、別れることも選択の一つではありますが、ひーさんが自分らしく前述のような技術を使って行かれると、彼との絆をより深めて行けるのではないかと思います。

お二人の関係が悪いとは思えませんし、むしろ素敵な関係にあると思いますので、絆を深めていけるよう応援しています。

回答した恋愛相談員

金城 哲夫

相談受付中

予約可

メール相談受付中

カウンセラー

金城 哲夫

相談件数:7838件 口コミ:189

電話相談: 242円/1分

チャット相談: 176円/1分

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、恋愛相談員が文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせ

03-6625-8229(10時~翌2時)

メールでのお問い合わせ(24時間)