お試し無料相談

生きることのつらさ

彼女が居る人を好きなりました。
過去の恋愛も利用されるばかりの恋愛や裏切られることばかりだったのに、この人ならと思っていたらまさかの婚約中の彼女が居ました。

色々な所に行きました。旅行にも行きました。
でも私は暇つぶしだったみたいです。
彼女が仕事を辞めることになり、有給を使い始めた途端私には連絡すらもくれず、約束も忘れられます。
毎回毎回こんな恋愛ばかりでもう死にたいです。もう生きることに疲れました。

女性

2021年9月22日

24歳

女性

金城 哲夫カウンセラーの回答

暇つぶしで相手がなおさんとお付き合いをしていたと思うと辛いことです。

しかし、少し視点を変えてみましょう。婚約者がいる中で、なおさんとお付き合いしていたと言うことは、もし婚約者にばれる事態になっていたらそれは修羅場となり、婚約者やその相手親族などの全てから信用を失い、婚約破棄に至ったかもしれない可能性も高いです。

それは彼にとって間違いなく大きな人生の代償となります。そんな危険なリスクを冒してまで、なおさんと色んなところに行かれたり、旅行などにも行かれていたのです。こうしたことが絶対にバレないなんていう保証はどこにもなかった訳です。

それなのに、なおさんとお付き合いしていたと言う事は、なおさんがそれだけ他の女性よりも、危険も承知で男性を惹きつけて虜にする魅力的な人であるのだと思われます。

もしかしたら婚約者と婚約破棄して、なおさんがその方の結婚相手に選ばれることになっていたかもしれません。その女性と同格同等の障害の伴侶として結婚相手候補に天秤にかけていた可能性もあるかもしれません。

こうした視点で見ると、これ迄の過去の恋愛も男性に利用されとか、裏切りがあったと捉えている様ですが、実はそうした見方は選ばれなかったとか、捨てられたという思い込みが結果論として現実に直視して結びつけている可能性もあるかもしれません。

何故なら、その人の心の根っこにある本質の部分はその胸の内を聞き出さなければ、また、その胸の内の心理的背景まで見なければ本当のことはわからないからです。ついつい人は自分が納得しやすい様に思い込んでいる可能性がおおうにしてあるということでもあります。

そうした本質の部分を確認せずして、ネガティブ思考でなおさんがそう思い込んでいるだけかもしれないという可能性もあるのではないでしょうか?

これ迄のお付き合いも、もしかすると本当の恋愛から始まり本命候補として選抜されていたのかもしれないですし、別の女性と僅差の勝負であったかもしれません。

そういう見方をすれば、自身を認めてあげることをしていくことの積み上げで、自身を肯定してあげて、これも自分なんだと!常に認めてあげて大事にされて下さい。そうすると自己重要感が作られ、自己肯定感の要の部分でもあります。

これからはそうした、・・・があったから・・・になれた!という辛い経験も今後の糧にして、ご自身を成長することに貪欲になって行かれたら、それこそ学びでもありますし、発見と喜びを得ながら何がなんでも生きて生き抜くという志と姿勢で自信に向き合うと時、これ迄、苦いものをなめてきた辛残の経験も味わい深くも深みのある人間へと飛躍していくものへと変わると思います。

回答したカウンセラー

金城 哲夫

相談受付中

予約可

金城 哲夫

相談件数:1057件 口コミ:186

電話相談: 242円/1分

チャット相談: 176円/1分

メール相談: 3,300円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

このカウンセラーの他の相談

お問い合わせはこちら