お試し無料相談

成人した娘に対する母の過干渉から脱出する方法

誰にも相談できず困っているので助けてください。

私の母は、父が他界した15年前から女手一つで私と弟2人を育ててくれました。とても感謝しています。
しかし「育ててあげたでしょう」を理由に、私には発言権がありません。
高校生までは毎日髪型も母が決めて結ばれていました。洋服も毎日決められていました。
彼氏や友達とのLINEの文面、ツイートする内容も全て決められます。

それに耐えられず、大学では地元を離れました。
しかし親元を離れてからも「彼氏とのLINEはすべてスクショで送りなさい」との指示。
話は変わりますが、私にもご縁があって今の彼氏と付き合うことになりました。
しかし母はもちろん猛反対。顔が無理、長男ましてや一人っ子と結婚なんてさせられないと毎日別れろと言われます。

極めつけには、母はTwitter、インスタグラム、ツイキャスなどあらゆるアカウントを駆使して彼氏の全アカウントを見つけて、「この女とは連絡を切ってもらいなさい」「そんな男と結婚したいのか」と脅してきます。

ここまで20年と少し、私は母のあやつり人形として生きてきました。でも今の彼氏は初めて私の意思で付き合いたいと思い、付き合えた人なんです。
彼女の母親がまさか彼氏のアカウントを全て監視しているとは誰も思わないですよね。でも言わないとダメなので私は自分がネットストーカーかのように振舞っています。

私は母にどのようにやめて欲しいと伝えるべきなのでしょうか。今まで思い通りにならなければ殴って押さえつけられてきたので、反抗の仕方がわかりません。
生活費も母がいなければまかなっていけません。(バイトもすべて決められているので)
なので反抗できないんです。もう限界です。

母が憎いです。でも私の世界は母中心で回っています。
母にネットストーカーをやめて欲しいと伝える方法を教えてください。

女性

2020年5月8日

21歳

女性

吉田 美如カウンセラーの回答

はじめまして。カウンセラーの吉田です。
お母様との関係性に大変苦労をされてきたのですね…。
お父様が15年前に他界したということは、まろんさんが6歳の時からずっと、お母様が一人で子育てをしてきたということになりますね。
しかも、弟さん2人もいらっしゃったということですから、長女である、まろんさんに対しては、相当な思い入れや期待もあったことでしょう。

お父様が他界されてからは、恐らく、まろんさんは、お母様を支えようと、子供なりに「いい子」でいなくちゃならないと感じて、これまで本気で反抗することもできなかったのではないでしょうか。
一方、お母様の方は、自分の言うことに対して、期待通りに行動する娘に対して、長い年月をかけながら言動がエスカレートしてしまい、まろんさんと自分とが、まるで一心同体のような感覚を抱き、まろんさんを通じて自己実現を図ってきたのかも知れません。

それから、高校生までは髪型や服装を選ぶ決定権がなかったのですね。でもその後は、自らの意思で地元を離れて大学進学することができたのですね。まろんさんにとって、はじめて意思を貫くことができたということにもなりますね。とても立派だったと思います。

お母様にとっては、いつまでも、母の立場を手放したくない、娘が巣立っていくのが寂しい等、まだ子離れができていないのでしょう。
まろんさんの年齢から推測する限り、大学生活も終盤ですね。そろそろ、卒業後の自立した生活を本格的に考える時期になってくると思います。現実的に、いまはアルバイトまでお母様に決められてしまっているとのことですが、もし、まろんさん自身で決めることが出来たら、卒業まで自力でも稼いで頑張っていけそうですか。

少し厳しい言い方かも知れませんが、、、
お母様は敢えて、まろんさんを自立させないように、アルバイトの制限までして、まろんさんが母を頼るしかないという状況をつくりあげているかも知れないのです。「育ててあげたでしょう」と言われてしまえば、なかなか言い返せないですよね。もし反抗するならば、お母さんにこれ以上負担をかけたくないから、自分でもっと稼げるアルバイトを探すね!という言い方は可能です。

さて本題は、お母様にネットストーカーをやめて欲しいと伝える方法とのことですが、お母様にとっては、娘を守りたいとか、心配だとか、様々な理由を挙げて、恐らく一筋縄では応じてくれないと感じます。

まずは、まろんさん自身が、自分で決定権をもつという状況を積み重ねていくことが必要かも知れません。自分で適したアルバイトを決めることも必要です。また、彼とのやり取りを全部知らせるのではなく、一部のみ送信して、徐々に無くしていくという決定も、まろんさん自身がすべき判断です。
まろんさん自身が、自分の判断で決定していくという過程こそが大切です。お母様のために、彼とのお付き合いをしている訳ではなく、まろんさん自身が幸せになるため選んだ方です。

まずは、自分の決定に自信を持ってください。
そして「お母さん、今まで育ててくれてありがとう。大学生活をさせてもらってから、自分で出来ることが沢山増えた。卒業後は社会人になるし、そろそろ自立して、お母さんを頼らなくても、自分のことは自分で決定していきたい」とキッパリと自立を宣言してみてはいかがでしょうか。
お母様には、子離れをきちんとして頂くことが必要ですし、まろんさんの人生とお母様の人生は、別々です。寄り添うことは必要ですが、依存ではありません。母娘の縁を切るような事態にまでこじらせる必要はありません。ですが、まろんさんの強い意思を示す必要はあります。
自分自身で決定をしていき、お母様の要望に応える必要がないことには、応じないという反抗も必要なのです。

お母様にとって、まろんさんはいつまでも娘ですが、もう成人しているのです。子供扱いをしないで欲しいということは、きちんとお伝えする必要があります。少し手荒い手法かも知れませんが、今こそ、お母様との誤った関係性を修正できるチャンスです。どうか乗り越えていけますよう願っております。心から応援しております!

回答したカウンセラー

吉田 美如

退席中

予約可

吉田 美如

相談件数:49件 口コミ:3

電話相談: 231円/1分

チャット相談: 220円/1分

メール相談: 4,180円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

このカウンセラーの他の相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP