お試し無料相談

夜お勤めの女性へのアプローチ

夏にはじめてキャバクラにいきました。
そのとき席についてくれた22歳の女性が気になり、
それ以来、1週間置かず会いに行っています。
自分はお酒は得意ではなく、そのような場所に行く機会がなかったので、
キャバクラ嬢は派手だというイメージでしたが、
その女性は、いつも黒いシックな装いで品がよく気が効いて優しいのです。
ヘルプでついてくれた子は派手で苦手です。
年齢も離れていることから、その女性をどのように誘っていいかわからず、
途方にくれています。
クリスマスや年末も近いですし、デートや温泉なんか行きたいと思っています。
当方、40代独身。学生時代に1度お付き合いしたこと。収入は世間的に中の上。
趣味はラジコン改造で女性とは縁がない趣味です。
スタイルは良いほうではなく、おしゃれには疎いですが気をつけてはいます。
この女性に昼の仕事に転職してもらい、結婚、というところまで進めるには、
どのように行動していくべきでしょう。

男性

2013年12月7日

42歳

男性

堀川 歩カウンセラーの回答

初めまして、カウンセラーの堀川 歩と申します。
この度は無料カウンセリングにご相談いただき、ありがとうございます。

キャバクラ嬢を好きになってしまい、昼の仕事に転職してもらい、結婚というところまで進めたいとのことですが、トール様とお相手の女性との今の関係性にもよりますが絶対に焦りは禁物です。距離が縮まるどころか、変に近づいてしまったり、独占欲が高まってしまうと完全に客としてしか見れなくなったり、客の中でも嫌な客になってしまう場合もあります。

過去に私も夜の世界の裏方で働いていたことがあり、色んな女の子を見てきましたが、女の子側からすれば、お店には出会いではなくお仕事をする為に来ているので口説かれることも仕事の一つと割り切っています。
しかし実際は、女の子も仕事とは言え、全てのお客さん全員のことを割り切っているわけではありません。実際に、恋愛や結婚に発展した子もいますが、お客さんから恋人、結婚に発展した方はやはり普通のお客さんとは違う共通点がありました。

まずは、「お客さん」としても、その女の子だけでなく他の女の子(特にその子を可愛がっている先輩の女の子)や「お店」から好かれるお客さんであること。いくら気に入った子だけ可愛がっていても、他の女の子やお店から嫌われていると、すぐに噂は回ります。

また、「あの人は2人になると危ない!」「セクハラしてくる」というレッテルを一度でも貼られてしまうと、アフターや、プライベートで会える可能性も低くなり警戒されてしまいますので、もどかしいかもしれませんがトール様の場合、夏から通われているということもありますし、ここで一気に詰め寄ってしまい今までの蓄積をパーにしてしまうのはもったいないので、同伴やアフターの回数をあげていきながら、まずは、「いいお客さん」として認められた上でプライベートに日帰りで遊びに誘ってみるとよいかもしれませんね。
(ここで変な気を起こしてはいけません。初めてプライベートで遊びにいくのであればなおさらここで紳士な対応をとれば、今後より信頼してもらえます。また2人では難しいようであれば、他の女の子も誘って何人かで行ってみると誘いやすいですよ!)

ただ間違っても、彼女の仕事のことを否定してはいけません。
世間的にも、まだまだ水商売のイメージは悪く、特に、自分の恋人には夜の世界で働いて欲しくないと思う方も多いかもしれませんが、お金を貰って働いている以上みんな一生懸命働いているのに変わりはありません。
一見華やかに見える世界ですが、見えている世界以上に数字にシビアで人間関係が全てゆに厳しい世界です。

お金は最低限は必要ですが、物品やお金を貢ぎすぎてしまうよりも(やるすぎると怖いと思われてしまいます。)何気ない会話の一つであったり、彼女の好きなもののや興味のある話を覚えておくなど、本当にちょっとしたことの積み重ねが「安心と信頼」に変わるので、そういった意味でも本当に彼女を好きなのであれば、夜の世界は特に年齢は気にしていない子も多いので、誠実なトール様で女の子のペースにあわせながら向き合っていくことが、距離を縮める一番の近道かと思います。

どんな恋愛でも中々一筋縄では行きませんが、人を好きになる気持ちってすごく素敵だなと私は思いますので、トール様の恋愛が実を結ぶよう陰ながら応援してます。

回答したカウンセラー

堀川 歩

退席中

堀川 歩

相談件数:1件 口コミ:0

電話相談: 210円/1分

チャット相談:

メール相談: 2,000円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら

PAGE TOP