「私は愛されるべき存在ではないのかも」という恐怖がある方のためのカウンセリング|恋愛の悩み|恋ラボ
トップに戻る

「私は愛されるべき存在ではないのかも」という恐怖がある方のためのカウンセリング

プログラム詳細

子どものころに甘えることができず、大人になってからも人に上手く適度に甘えることが出来ない方は多くいらっしゃいます。
そういう方は「自分は人から愛される存在である」と肯定的に捉える事が出来なくなっている傾向にあります。

考えられるいくつかの要因として
1.親が忙しくて、充分な愛情をかけてもらえたという安心感が持てないまま育った。
2.両親が不仲で、とても子供に愛情を注ぐ余裕がなかった。
3.長女や長男だったために、「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい!」と言われ、「小さな大人」としての責任・役割を押し付けられてしまった。
4.親が精神的な問題を抱えていて、子供に対して親としての役割を果たす事が出来なかった。
5.子供として過酷な辛い成育環境があった場合、アダルトチルドレン(AC)と呼ばれる状態になってしまった。
6.学校のいじめなどにより、否定的な言葉を浴び続け、傷付いた心が治っていない。

そんなあなたは自分で自覚している以上にどこかで深く傷付いているかも知れません。

安心して交流できるカウンセラーとの暖かい関係を体験しながら、傷を癒して行く作業が必要と思われます。
いつでもご相談ください。

この悩みに対応できるカウンセラー

初回登録で1000円分コインプレゼント!

申し込みの流れ

誰でも簡単に利用できる3ステップ!

※通常はお客様からカウンセラーへの電話をかける場合に通話料がかかりますが、専用の通話アプリをご利用いただくと相談料のみで通話料がかかりません。

通話アプリの詳細はこちら

よくある質問