片想いの好きな人が急に冷たくなってしまった

お悩み種別恋の悩み

今回は、恋愛に関するお悩みに、カウンセラー歴14年以上の経験豊富な「かとうあみ」カウンセラーがお応えします。

今回のお悩み

片想いしているアルバイト先の先輩の態度が急に冷たくなってしまいました。先日、飲み会で酔っ払ってしまい、相手に好意があるとわかる発言を皆の前でしてしまったのがいけなかったのか、それ以降職場で会っても冷たく、LINEも来なくなってしまいました。今までお互い良い感じで、相手も好意を持ってくれていると思っていたのですが、今は気まずい雰囲気です。好きな気持ちは変わらないので告白してしまいたいのですが、普通に接して以前のように自然に会話ができるまで、タイミングを待った方が良いのか、すぐに告白してしまった方が良いのか、アドバイスが欲しいです。

かほ(女性 23歳)

しっかり距離と時間を置いて何もせず、様子をみる

かとうカウンセラー(以下かとう):かほさんは、今後彼との関係をどうしたいと思っていますか?かほさんの望む方向性によって、立ち回りを考えていくと良いと思います。もし、好意があることを知った彼の態度が豹変してしまったことに、かほさんが失望感や諦めを感じているのであれば、これをきっかけとして新しい恋を考えるのも一つだと思います。

でも、今も好きな気持ちは変わらないとのことなので、諦めたくはないのでしょうか?諦めたくないのであれば、すぐに告白することはやめておきましょう。

彼も、かほさんのことを仲間や友達として好きという部分はあったと思います。ただ、アルバイトの仲間としては良い関係だったと思いますが、恋愛となるとちょっと世界が変わりますよね。残念ながら、今の彼は、かほさんとの関係を恋愛として積極的に進められる状況ではない可能性が高いかもしれませんね。彼女がいるのかもしれないですし。

ただ、この先、恋愛関係になる可能性が0かと言ったらそれはわからないので、とにかく今はほとぼりが覚めるのを待った方が絶対に良いと思いますよ。

同じバイト先とのことなので、今まで通り挨拶や普通に接することを心がけながら、以前のように自然に会話ができる状態まで戻ることを目指しましょう。彼も色々考えているのかもしれませんから。
焦る気持ちもあるかもしれませんが、今はとにかく時間を置いて前のような関係に戻ってから、セカンドステージとして次のことを考えてみてはいかがでしょうか?

異性として意識せずひとりの人間として話をするといっても、では、「どんなことを会話の中心にして話したらいいのか?」という、疑問が出てくると思います。
日頃から色々な情報を持っていたり、知識が豊富だったりすると会話力は上がります。いわゆるネタが多い状態ですね。常に情報を仕入れてネタを増やしておくということは、相手が女性だけに関わらず、社会で生きていくためには大事なことです。くだらないネタでも構いません。情報収集はとても大切です。

人間は「何かしたい」と思うものです。LINEもしたいし、告白した方がすっきりするし、という想いもよくわかります。ですが、何もしないということがものすごく重要になることがあります。

今の状況で告白しても上手くいかない可能性のほうが高いし、空気が読めないなと思われて、さらに距離を取られてしまうこともあります。だからこそ、今は何もしないことを頑張ってみてください!

しっかり距離と時間を置いて何もせず、彼の様子をみることが今のかほさんにとって最善のプロジェクトです。

そのかわり、普通に笑顔で挨拶したり、必要であれば仕事上の会話も普通にしたりすることはとても大切ですよ。

恋愛に太刀打ちするにはやはり恋愛

かほ:彼のことが気になっていつも考えてしまいます。先生に教えていただいた「何もしない」ようにするために、気にならなくなるようなコツがあれば知りたいです。

かとう:彼のことを気にしないようにするためには、正直、他に気になる男性を作ることです。芸能人の方でも良いですよ。
もちろん、趣味などがあればその趣味に没頭するのも良いのですが、恋愛のエネルギーはとても大きいので、当たり障りのない趣味では悩みを解消できない可能性があります。

だから、恋愛に太刀打ちするにはやはり恋愛。他に好きな人、とまではいかなかったとしても、男性が居る場所に行くようにしたり、アイドルにハマったり、異性と話すことで思いっきり気分転換してみてください。

そうするだけで、思い詰めている気持ちが少し楽になったり、待っている間の苦しい期間が紛れることもあります。

かほ:もし告白してうまく行かなかった時は、どのようにすればこれまで通りの関係でいられますか?

かとう:その場合も同じで、とにかく何事もなかったかのように過ごすことです。わざと悲しい感じにする必要も、無理に元気に振る舞う必要もありません。失恋はとても辛いことですが、今後の関係のためにも、気まずくてもいつも通りに過ごしましょう。

感情はグラグラしているでしょうが、頑張っていつも通りに務めることが関係の修復を早くさせます。自分は女優だと思って、演技してみてください。

今回のカウンセラー

かとう あみ カウンセラー

大学で法律および心理学を学び、自己流の認知行動療法で症状を克服。

内閣府認証の医療福祉情報実務能力協会、メンタルケア心理士、ホームヘルパー(介護職員初任者)、ガイドヘルパー(移動介護従事者)など多くの資格を保有し、現在はカウンセラー業と並行して、ナレーターとしても活動中。

記事一覧

お問い合わせはこちら