お試し無料相談

人生の目標を見失いました。

40歳を手前に自分を見失ってしまいました。

これまで、「自分のやりたい仕事で安定した収入と地位を得ること」を目標にがんばってきました。
それで幸運にも思っていたよりもずっと早く目標がかない、業界では良いポジションにつけています。

ポジションに自分の能力が見合うように更にがんばるべきなのだと思います。

でも、いまさらながら、私はがんばっても働くことに向いていないのではないか、精神的にも肉体的にもタフではないし、と思います。

これまで亡き母の「女も自立して働くべき」という言葉に縛られてきたのだと思います。
いくら仕事で思うようにいったとしても、愛する人や子供や家族がそばにいない生活は無価値だと気づきました。

いまさら自分の本心に気がついてもどうしようもなく、今までの自分の努力はなんだったのか、これから何を目標に生きていったらいいのかと。

これまで、26歳で結婚し、自分の収入と自立を維持したいので子供をつくらないようにし、結婚生活6年で定職につかない夫に愛想がつき離婚しました。
外国で結婚する機会があっても、自分の将来を優先して恋人と別れて帰国しました。
今年、転勤を悩んでいたとき、恋人から結婚して自分の実家で一緒に暮らしてほしいが君が後悔しないために転勤すべきだと応援の言葉をもらいしました。

でも今、自分の幸福を勘違いしていた、少し休みたいと思うようになり、彼に家庭に入りたいと言ったところ、私とは給料が差がありすぎる…と言われました。

私は贅沢はしないし給料が少ないことは別に構わないのですが、
結局自分の今までの努力は、男性を遠ざけ、自分の家族を作ることを遠ざけるためのものだったのかな?という気がしてならず、
何のために自分は今まで頑張ってきたのか虚しくなりました。
これから頑張る気力も湧いてきません。

女性

2012年8月2日

39歳

女性

藤山 友弘カウンセラーの回答

はじめまして。心理カウンセラーの藤山と申します。
本来お話を詳しく聴いてお応えすべき問題かもしれませんが、文章から読み取れる限りで、ご返答させていただきますね。

「女性も自立すべき」 良い考え方ですね。
良い考え方は、そうでであるがゆえに、「すべき」にこだわってしまい、「他を捨ててでもやるべき」に変換されてしまうことが多いようです。
しかし、他を手に入れたいと考えたときに、今度はその大事なものを捨てて、他を手に入れようと考えてしまう、今まさにそのような状態ではないでしょうか?

あなたの仕事は、今までの人生の成果です。
それは、自分の成長の結果ですよね?
あなたは、人生の豊かさの一つを手に入れているのです。
それを疑ってはもったいないですよ。

あなたは今、「大切なことはそれだけではない」ということに気づかれたのですね。すばらしいことです。
そう、人生はたくさんの幸せで成り立っています。
それは、なるべく全てが成長し、前に進んでいくことにより、心豊かに人生を送れるものではないでしょうか。
趣味、恋愛や結婚、仕事、仲間、財力、社会貢献など、全てを少しずつ前に進めて、全てを諦めないことが大事だと思いますよ。

「全てを捨てて、一つを手に入れる」という考え方は、脆さと執着を産みます。

今からでも全く遅くはありません。
人生はまだ半分です。
今は80歳くらいまではピンピンしてます。
色々と自分を振り返るにはいいタイミングです。

残り40年の人生の、最初の日です。
あなたは40年の人生を、どのように生きたいですか?
他に手に入れたいものは何ですか?
全てをおろそかにしないように、全てを少しずつ前に進めていきませんか?

回答したカウンセラー

藤山 友弘

退席中

藤山 友弘

相談件数:695件 口コミ:100

電話相談: 308円/1分

チャット相談:

メール相談:

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

このカウンセラーの他の相談

お問い合わせはこちら

PAGE TOP