お試し無料相談

劣等感

外に出ると強い不安を感じる 人にバカにされているように感じる いてはいけないと思う
死ぬことしか考えられない

特定の女性に対して強い執着がありコントロールできない
コンプレックスが体型から来ていることがわかっているが、過食と飲酒がやめられない

など、生きづらさを日々感じますが、自分がどんな状態なのか、どこを受診したら解決するのか、わかりません。
そもそも病気なのかすらわかりません。
もっと楽に生きたいです。どうしたらいいですか。

女性

2022年6月23日

21歳

女性

佐藤 ゆうじのプロフィール写真佐藤 ゆうじカウンセラーの回答

こんにちは、死ぬことしか考えられないとありますね、それだけ悩んでいるのですね。

強い不安と生きづらさを考えているなら、心療内科を受診されると良いかもしれません。抑うつ状態等の何らかの診断がつき、お薬が処方さえると思います。応急的には身体が落ち着きますので受診してみる価値はあります。そして、それと同事に死ぬことを考える前に上手に生きるのはどうしたら良いか考えても良いと思います。マイナスのこと、否定的なこと、悲観的なことを考えると心は萎縮していくのが自然です。その状態が続くと身体が反応して心身の調子を崩していきます。これ以上深みにはまらない身体からの声です。

だから身体の症状を軽くするためにクリニックに掛かるのは良いと思います。気持ちが楽になることで考えの切り替えがしやすくなります。考え思いの切り替えを行うことを試みてください。

特定の女性に対するコンプレックスとありますが、劣等感があるとしたら、それを補うためにどうするか考えて見ると良いと思います。過食や飲酒は回避行動となり、かえって自分を苦しめることにつながっていきます。まずは自分を追い詰めるような過食や飲酒は控えましょう。できるなら止めましょう。
特定の女性との関係性等分かりませんが、自分には自分の良さがあります。それは比較ではありません。自分が感じる自分の良さです。自分の強みと言っても良いと思います。

相手の方と比較して劣っている自分をみるのではなく、自分の良さ、強みに焦点を当てることは自分の心に光を当てることになります。比較ではありません。
 生きづらくしているのは自分です。
 過食や飲酒をしているのも自分です。誰かにしろと言われたわけでは有りませんよね。
 コンプレックスを感じているのも自分です。

その自分の思いを切り替えるだけで生き方は変わってきます。
比較ではなく自分らしさを考えてみませんか。劣等感を感じるほど自分を意識している、その自分の心の向きを変えてみましょう。

自分の思いを文章にしても良いと思います。人に話すように自分の思いを書き出すだけでセルフカウンセリングになります。書くことは整理につながり、自分を客観的に見ることも出来ます。

あなたの復活を祈っています。

回答したカウンセラー

佐藤 ゆうじ

退席中

予約可

佐藤 ゆうじ

相談件数:12件 口コミ:1

電話相談: 308円/1分

チャット相談:

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら