お試し無料相談

仕事

仕事が不安です。

管理職というプレッシャーもありますが、嫌な気持ちで仕事しています。
そわそわしている今の気持ちをなんとかしたいです。
気分の浮き沈みが激しいです。

男性

2022年6月13日

43歳

男性

佐藤 ゆうじのプロフィール写真佐藤 ゆうじカウンセラーの回答

 こんにちは、嫌な気持ちで仕事している、とありその背景にあるものがわかりませんが、管理職は大変ですよね。
私もかってはサラリーマン時代に部長職になった時の責任の重さを感じてストレスを感じて不安を抱いたことがあります。会社を休んだこともあります。嫌な気持ちの正体は何でしょう。まずはそこに一度直視することが必要かもしれません。おそらくご自分ではわかっていると思います。もし、分かっているなら対策を考えると良いでしょう。感じるより考えて動くことがストレス対策の原則だと思っています。

それはわかっている、それでも気分の浮き沈みが激しくどうにもならないなら、その応急的な対処方法としてはお薬を処方してもらうのも一つの方法です。お薬を飲んで気持ちが落ち着いたところで自分自身の立て直しとなります。

 職場におけるストレス感じる背景には、管理職としての責任への不安、上司との関係、同僚部下との関係が上げられると思います。あるいは何となく感じる漠然とした不安もあります。そうしたストレスは一度可視化して図にする、文字に表す等して整理すると必然的に対策方法が見えてきます。感じるよりも考えることが原則だと思ってください。あるいは、分かってくれそうな人に相談することも考えられます。話して整理は進みます。聴いてもらって嫌な気持ちは薄くなります。

 嫌な気持ちは早めに対策を取った方が良いと感じます。この後に嫌なことが起きた時に嫌な気持ちを証明することになり、悪循環が回り始めます。ストレス対策以下のように考えると良いでしょう。
① 立ち向かう、積極的に対策を考えて迎え入れる。これが本来管理職の役割でもあります。
② 自分の側で出来ること、自分以外の問題は仕分けして、自分の側の問題は粛々とやりましょう。自
    分以外の問題については上司に任せる、部下に依頼して対処する。
③ 自分の行動を変えて自律的に動けることは動く。朝の挨拶は意識して笑顔で明るく実践する。管理 
    者の不機嫌、消極的な態度は職場に流れる空気をよどんでしまいます。
④ エネルギーの充電をする。仕事は消費活動ですから、それ以外の時間で心のエネルギーを充電(チ
    ャージ)する。気分転換、好きなことをやると良いでしょう。
基本は感じるより考えて動くということになります。もしかしたら当てはまらなかったかもしれませんが、参考になるところがあったとしたら嬉しいです。

回答したカウンセラー

佐藤 ゆうじ

退席中

予約可

佐藤 ゆうじ

相談件数:12件 口コミ:1

電話相談: 308円/1分

チャット相談:

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら