お試し無料相談

猫の死

昨日愛猫が亡くなりました。3匹目です。

1匹目は19年の長生きをして老衰したミニチュアダックスフントのメスです。
2匹目は突然死のスコティッシュフォールドで一歳半のオスです。
3匹目は昨日病気で6歳で亡くなった雌猫です。

2匹目は1匹目が亡くなった次の日の昼に亡くなってました。朝はいつも通りご飯も食べて私が仕事に行く時いつもは知らんぷりなのにその日は何故か何度も引き止められました。昼までの仕事だったので帰ってきたら寝てる妹の足元で亡くなってました。あの日仕事に行かなければと思ってます。

3匹目は2匹目の月命日に亡くなりました。

こんなに重なるなんて何かあるのかなぁと思いました。3匹目をとても可愛がってた私の兄は一昨年自殺しました…
その一昨年はじいちゃんが老衰で亡くなり、去年は実の父親が闘病の末亡くなりました。しかも…私の母の姉妹の子供も自殺で亡くなりました。
こんなに死が連鎖すると精神的にかなりきついです。

3匹目の猫には会いに行きませんでした。怖かったので…
何かあるのかなぁと思いますので回答お願いします。亡くなった人やペットが何を思ってるのか気になります。

女性

2022年5月24日

20歳

女性

佐藤 ゆうじのプロフィール写真佐藤 ゆうじカウンセラーの回答

こんにちは、動物が好きなのですね。可愛いペットが亡くなるのは悲しいことですよね。しかも、後を追うように亡くなったり、月命日に亡くなったりと偶然のように重なるのは気になることです。

私の家にも現在猫がいます。今年で10歳、これまでの30年ほどの間に合わせて犬2匹、猫10匹以上飼ったことが事があります。しかも、イケさんと同じようにその前後に父が亡くなり、母が亡くなり、妻が亡くなり、命の灯が消えていくことが連鎖していました。不思議というしかありません。人と動物の意識の奥でつながっているのかもしれません。そのことを精神分析では集合的無意識という場合がありますが、人間同士だけではなく、そばにいたペットもつながっているのかもしれません。

自殺されている兄弟と従妹もいるのですね。残された人の悲しみはとても深いと感じています。

グリーフケア(悲嘆ケア)は、いくつかの経過を経て再生していきますが、どうにも悲しみから抜け出ることが出来なければカウンセリングをおすすめします。悲しみは、ショック、喪失、閉じこもり、再生という経過があります。心身にいろいろな症状として現れます。心の症状としては罪責感。自責の念、とにかく悲しい、さびしい、絶望感、不安や怒り。身体的には寝られない、食欲の減退、意欲低下、動悸や呼吸障害などがあらわれます。

何かあるのかなぁとありますが、何かあるのかもしれません。霊的なことを語るのは控えます。何かあると考えてもおそらく推測、憶測の域を出ることはないと思われます。何かあると考えると同時に、何ができるか考えてみたいと思います。

・亡くなった人やペットのお墓やお家に位牌のようなものがあるならその前で祈りましょう。
・思い出をノートに書くことも良いと思います。
・写真を整理するのもよいでしょう。

そうしたことを通してしっかり受け止めることだと思います。逃げずに向き合うことです。そして、どうにも悲しみから抜けだせないようならカウンセリングを受けましょう。何度も話をしながら、人の心は整っていきます。

亡くなった人やペットが何を思うか、これも推測憶測になってしまいますが、残された人の幸せだと思います。自分が亡くなることで残された人が悲しみのふちに置かれることはとても悲しいことだと思うのです。悲しみを受け止めながら幸せの道を歩き出すことを一番望んでいるはずです。
悲しみの隣に幸せの扉を見つけていきましょう。亡くなった人やペットのためにも。

回答したカウンセラー

佐藤 ゆうじ

退席中

予約可

佐藤 ゆうじ

相談件数:12件 口コミ:1

電話相談: 308円/1分

チャット相談:

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら