お試し無料相談

心問題、自己受容

初めてで文章をうまくまとめられてないです。

ずっと自分が惨めでだけどそれをどうしたら変えられるのか考えてもわからなくて誰かにずっと頼ってばかりなのにこういう悩みを近しい人にどう相談すればいいのかわからなくてずっとずっと苦しいです。
小学校上級生の頃 虐められた経験があってそれから高校生まですごく人間不信だったのですが、留学させて頂ける機会があり、やっと信頼出来る友達を作ることができるようになりました。
でも、周りはいい子ばかりなのに私はそれに追いつけなくて頑張ろうとしてもどうすればいいのかわからなくてずっと苦しくて、信頼できるはずなのに大事な相談が自分からは出来なくてずっと苦しかった。
なのにコロナで日本に帰らなければならなくなりました。そしたら日本と海外の環境の違いかまたどうやって人と関係を築いていくのかわからなくなってしまいました。

物心ついた頃から両親とも折り合いが悪く
いつもどこにいても誰といても心配ばかりかかれて、いつも怒られて生活全て管理されているようなそんな毎日で、でも留学に行けてその生活から抜け出せたのに、コロナがあり日本に帰らなければならなくなり、またその管理される生活が戻ってきてしまいました。
それたら家族内ですごく孤独感を感じるようになりました。なら1人でいればいいのにと思ってできるだけ1人で行動するようにするとすごく嫌な顔をされて大喧嘩になります。
たまに体調が悪かったりするだけでどうしてなんで体調が悪いんだ、お前が悪いからだとわたしの話は全部無視で全部私のせいにされます。
家族に自分の日常の悩みを打ち明けようとするとすごく嫌な顔をされ、まず私が否定されてそれから大喧嘩になり毎回泣いている、だからと言って話さないとすごく怒ってくる、という毎日ですごく辛いです。

とても読みにくい文章でごめんなさい。
でもどうしたらいいのかわかりません。

女性

2022年5月4日

22歳

女性

佐藤 ゆうじのプロフィール写真佐藤 ゆうじカウンセラーの回答

みなみさん、こんにちは、文章大丈夫ですよ、きちんと読めます。
子供のころからいじめや両親との関係も折り合い悪いと書いてありますが苦しんできてしまいましたね。
留学先では頑張ってきたにもかかわらず相談できなく苦しんでしまっている。自己否定感情に包まれれてしまっていますか。

家族関係に問題があるのかもしれませんが、以下のように考えてみませんか。

1.自己受容 大切な自分、誰とも比較できない、大切な自分を受け入れましょう。
考え、悩み、苦しみ、それでも努力してきた自分を認め、良くやっている、心の中には3人の自分がいることを感じてください。責められる自分、責める自分、それをレスキューする自分。これまでのあなたは責められる自分を意識してきたのかもしれません、他人を責める自分が表に出ると相手を傷つけることになりますが、自分を責めることで心が苦しんでいるのだと思います。レスキュー(助ける)する自分を意識しましょう。これまで悩み苦しんできた自分に声をかけてみてください。「頑張ってきたね」「周りのことばかり考えて苦しんできたよね」とまずはそこがスタートかもしれません。

2.客観的に関係を見ましょう
自己受容して気持ちが落ち着いたら、関係の見直しをしましょう。ノートに書いて整理をする。ひとつの出来事に相手が言ったこと、自分が感じたこと、自分が相手に言ったこと、結果どうなったか。自分の本当の気持ちは何だったのか。どうしたかったのか。可能であればカウンセリングを受けるもの良いと思います。

3.自分の良い点を意識しましょう
留学できるだけの能力がある。自分の良さをきちんと認めましょう。他人の思惑中心に生活するのではなく自分の思いを明確にする。よって立つのは他人でも親でもなく自分です。将来に向かってなりたい自分をイメージして出来ることを少しずつ積み上げていきましょう。まずは自己受容から始めていきましょう。

大切な自分を育てていきましょう。
主語は「私は…」です。

連休中ですが晴れた日は外に出て気分転換しながら少しずつ進めてくださいね。

回答したカウンセラー

佐藤 ゆうじ

退席中

予約可

佐藤 ゆうじ

相談件数:10件 口コミ:0

電話相談: 308円/1分

チャット相談:

メール相談: 4,400円/1通

お試し無料相談は、皆さまからご投稿いただいた中から一部をお選びし、カウンセラーが文面でお答えしたものです。
実際の電話相談は有料となりますので、ご了承ください。

お試し無料相談をお申込みするには会員登録(無料)が必要です

新規会員登録

お問い合わせはこちら